日本ホメオパシー医学協会の学術大会

7月26日(土)10:00~17:00、社会文化会館/三宅坂ホール(地下鉄有楽町線 永田町下車 2番出口徒歩3分)にて、JPHMA認定ホメオパスによる学術大会が開催されます。人・動物を含めた難治性疾患(アトピー、自閉、多動、癌、アレルギー、自己免疫疾患、精神疾患など)のホメオパシーでの治療症例や研究成果を発表する、いわばホメオパスの祭典です。
 
今年は、一般の方々も参加できますので、ホメオパシーでどのような治療実績があるのか、その治療経緯はどのようなものなのか、なぜ医学が進んでいるのにこれほど難病が増加しているのか等、病気やホメオパシー療法に興味を持っている方にとっては、その実例を知る大きなチャンスだと思います。おそらく衝撃を受ける内容のはずです。一般の方の参加費は、6000円です。詳しくは、http://www.jphma.org をご覧ください。