年内のセラピー、そして高校時代の親友

【2017年のセラピー終了について】
急に寒くなりましたね。庭の広葉樹はもう葉っぱがほとんど落ちてしまい、冬の到来を待つばかりになりました。
さて、年内のセラピーのご案内です。
11月一杯をもちまして、八ヶ岳での今年のセラピーを終了いたします。八ヶ岳での今年中のセラピーをご希望の方は、11月中にお越し頂ければ幸です。
なお、名古屋または京都でのセラピーは、八ヶ岳のセラピー終了後も、引き続き月一回のペースで行います。「アドレス星空215」等、受注生産CDのご注文は、いつでも受け付けております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

先日、高校時代からの親友M子が亡くなりました。高校一年、二年と同じ学級で、放課後はほとんどつるんで過ごした親友でした。大人になってからも、年に数回、手紙やメールや電話で、お互いの近況を報告しあってきました。結婚後M子は千葉県に居を構え、私はやがて八ヶ岳に住むようになり、距離的にはだいぶ遠くになってしまいましたが、M子は欠かさずに、Macで作ったかわいらしいバースデーカードや季節のはがきを送ってくれました。写真は、M子が送ってくれたはがきの一部です。それも、もうこれからは届きません。

4年前から闘病生活を送り、入退院を繰り返しながらがんばってきたのですが、先日、ほんとうに突然、だれもが予想しない形で逝ってしまいました。「八ヶ岳に行けるようにがんばるからね」と言っていたのですが。それでも、病院ではなく、自宅で、愛する旦那様の腕の中で逝けてよかった、そんなふうに私は訃報を聞いたときに思いました。

告別式まで2日あったのですが、その間、頭の中にはずっとM子の声が聞こえていました。確かめようがないので、気のせいかもしれませんが、
「体から出たら、戻れなくなっちゃったんだよ。ゆかり、どうしよう、どうしよう」
 と、あわてた様子で、はっきり伝えてきたのです。
M子自身も、予想外の死だったのではないか、と感じました。告別式後は、その声は自然に聞こえなくなりました。そして、元気だった頃の、ふっくらしたかわいいM子の笑顔が脳裏にうかぶようになりました。天国へいく準備ができたのだと思います。
M子、いつかまた会おうね。思い出をほんとうにありがとう。

コメントを残す