すべての記事

アカシックレコードにアクセスする催眠、はじめます

新しい催眠誘導をはじめました。
ひとつは、アカシックレコードにアクセスする催眠。
ひとつは、ムーやアトランティスやレムリアという伝説の時代へ行く催眠。
この2種類の催眠については、近日中にHPにもアップいたします。

今日は、アカシックレコードにアクセスする催眠について、ご紹介します。
この催眠は、「あなたの神話をひもとく旅」です。

自分ではアカシックレコードに行けない、アクセスできないと思いこんでいる方も多いと思います。
ときどき、クライアント様から他人にしてもらったアカシックレコードリーディングやチャネリングの話をお聞きすることがあります。その機会が増えるにつれて、なんとなくその内容に引っ掛かりを感じたり、腑に落ちないと思うことが増えてきました。そのせいで、逆に、「アカシックレコード」と言われるものに興味を持ったのです。それまでは、私は「アカシックレコード? うーん、興味ないなぁ」というタイプでした。
他人からのリーディングやチャネリングの結果がクライアント様に、けっして良い影響を与えていない、むしろ悪影響だと感じるとき、引っ掛かりや腑に落ちない感覚がむくむく頭をもたげてくるようになったのです。

これは、私がヒプノセラピストだから、かもしれません。ヒプノセラピーとは、答えを自分の外に求めるのではなく、自分の内に求めるものです。どんな時でも、その考え方は揺るがないです。

真理の教えはわが心にある、と説く空海密教の考え方があります。私が、空海の、「仏法、遥かにあらず、我が心中にてすなわち近し」(『般若心経秘鍵』より)ということばに惹かれるのは、ヒプノセラピーの考え方と共通しているからです。また、エドガー・ケイシーはこう言っています。

あなた自身をよく分析してごらんなさい。あなたにふりかかる一切の問題の解答はあなたのなかにあるはずですから。なぜなら、肉体的・精神的など一切の属性をもつ人間の霊魂は偉大なる宇宙の大霊の一部だからです。それ故、答えはすべて自己の内部にあるはずなのです。(『転生の秘密』p.417より)

話がそれました(苦笑)。

というわけで、誰でもアカシックレコードを自分で見に行けるようにと、新しい催眠誘導法を作り上げたわけです。アカシックレコードには、自分で行きましょう。他人に見に行ってもらうのではなく、可能なかぎり自分自身で! (しつこい?)

かつての私のように、「アカシックレコードって、何?」と首をかしげる方もいると思いますので、『転生の秘密 エドガー・ケイシー・レポート』(ジナ・サーミナラ著/たま出版, P76)より、抜粋します。

【アカシックレコードとは】

アカシァとはサンスクリットで、その構成が電気的霊的であるところの宇宙の根本的なエーテル的実体のことである。このアカシァの上に宇宙はじまって以来のあらゆる音、光、運動、想念などの記録が印象されたまま消えずに残っているのである。

この記録があるから透視者や占者たちが過去を見ることができるのである。その過去がいかに遠くとも、またそれが普通の人間の知識ではどんなに近づきがたくとも、見えるわけはそこにあるのである。

アカシァ(感光板)は皿のように印象を記録する。これは宇宙の巨大なスナップ用のカメラとも見なされるものである。これらの振動的記録を読む能力はわれわれおのおののなかに生来そなわっている。それはわれわれ諸々の器官の感度に依るのであり、またラジオを正しい波長に合わせるように、正しい意識度と調和させることのなかにあるのである。

エドガー・ケイシーは、催眠状態でそこにチャネルを合わせて、あまたの情報を得てきたと言われています。
拡大解釈すると、催眠状態、すなわち変性意識状態でなら、誰でもアカシックレコードにチャネルを合わせられる可能性があるということです。

で、作りましたよ、催眠でアカシックレコードにアクセスする方法を。
録音した自分の誘導で実際にアカシックレコードへも行ってまいりました。パートナーにも何度か実験台になってもらいました。
アカシックレコードに現れる情報には、文字もありますが、読めない文字で書かれていたりします。見たこともない図形だったり、数字だったり、何かのシンボルのようなものもあります。
アカシックレコードを読むのが難しいと言われる理由には、その人が理解できるもの、知ってもよいものしか現れないからだ、という説があります。たしかに、こうした抽象的なものたちから得られる情報を正確に解釈するには、難しいかもしれません。解釈する人の数だけ、答えの数もあるかもしれません。

けれど、実際にパートナーを催眠誘導し、催眠中に対話をしていくことで、意味不明の図形の断片でしかなかったものが意味を帯び、パートナー自身のことばで語られていきました。私が質問したり、確認したりという双方向の対話によって、さまざまな情報が引き出されていくのです。一見、よくわからない何かの切れ端だったり、無意味のように感じられた抽象的な情報が、対話をしていくことで、はっきりした輪郭を形づくりながら、いつくかの大きな意味をなしていきます。

誘導しながら、私は、まるで暗号化されてそこにしまわれていた彼の神話をひもといているように感じました。彼は、自分がどこからやって来たのか、また、自身のことだけでなく宇宙のしくみに関係することなども、情報として受け取っていました。

そうです、アカシックレコードとは、暗号がちりばめられた場所であり、暗号化された神話のような情報がたくさん収められているところなのです。
もちろん、あなたの神話も、そこに暗号のまま存在しています。見たことのない文字や、デッサンのような図形や、数字の羅列として。

時空を飛び越えて、あなたの神話をひもとく旅ができたなら、すてきだと思いませんか。

日々、楽しんで生きる

今日の日経新聞で、東多江子氏(脚本家)のコラムを読んで、「そうだよなぁ」と合点した方も多くいるのではないかと思います。私もそのひとり。何のことかというと、東氏のお友達のことばです。
「生き甲斐とか、それ、どうしてもなかったらいけんの? 毎日、機嫌良く暮らしとったら、それでいいんやない?」(6月28日付けt『日本経済新聞』より)

機嫌良く暮らせているなら、まちがいなく幸せではないでしょうか。
日常の些細な積み重ねこそが、心の豊かさを作ってくれると思うからです。

とはいえ、他人の成功や、幸せそうな姿が気になって、他人をうらやましく感じたり、妬ましい気持ちになる方もいると思います。そんなときは、どうすればよいと思いますか。
そうした時間は、良いことは何も生み出さない、非生産的な時間です。
私たちは、誰でも生きる時間が限られています。他人を妬んだりする時間は、あなたの大事な時間を、むざむざその他人にあげているのと同じです。もったいないですね。
他人へのどうにもならない嫉妬に時間を費やせば費やすほど、人生はどんどん空虚になっていきます。
人生を無駄にしたくないのなら、こうしたマイナスの感情は、持ったとしても、すぐに捨てて、自分のために時間を使いましょう。あなたがワクワクすることや、楽しいと感じられることに、その時間を使うように気持ちを切り替えてください。そう心がけて生活すると、きっといろんな変化が起きてきますよ。

今月、私は梅仕事を楽しみました。
赤しそジュース作り。梅ジュース作り。梅酒作り。
手作りすると、たっぷり作れます。しそも梅も砂糖も、材料すべて有機栽培のものを使っても、出来合いを買うよりもはるかにはるかに安く、安心な上においしいです。少し手間はかかりましたが、この季節限定なので、その手間も楽しみました。

赤しそジュース。

しそ300gで、2Lのしそジュースができます。炭酸水などで2倍希釈して飲みます。リンゴ酢としその香りがなんとも爽やかです。
今回は、葉っぱだけ使ってエキスを煮出しました。茎の部分は、かき揚げにして食べました。煮出した後のしそは、刻んで、辛みそ味のおやきにして全部食べました。捨てるところは皆無です。食卓も豊かになりますね。

梅ジュース。梅がしわしわになってきました。あと2週間後くらいから飲めます。楽しみです。後ろは、赤しそジュース。

梅酒。こちらは気温が低いので、10日経ってもまだ氷砂糖が溶けません。飲めるのは、1年~2年後くらい。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

アトランティス時代のロゴ

セラピールーム ルートシステムのロゴマークは、八芒星です。ルートシステムHPだけでなく、このブログでもCDパッケージでも使用しています。
このロゴは、催眠中に私が見てきたアトランティスと関係しています。はるか昔のアトランティス時代に自分が見た図形と、樹木のイメージを重なりあわせて制作しました。詳細は、ルートシステム内の
https://rootsystem.jp/aboutrs/
に書いてありますので、興味のある方はご覧くださいね。

私はこの八芒星ロゴを見ていると、ふしぎなパワーを感じるのです。手のひらをかざすと、熱を感じると同時に、ちりちりしてきます。理由はわかりませんが、図形そのものが醸し出す何かなのでしょう。

さて、このロゴマークが、やっと商標登録されました!
書類を提出してから認定されるまで、約1年かかりました。長かったです(笑)。
商標登録証が届き、名実ともに、セラピールームルートシステムでしか使えないロゴマークになりました。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

電話によるヒプノセラピー、開始いたします

2回目以降のクライアント様限定で、電話でのヒプノセラピー施療を開始いたします。

対象となる方は、過去に1回以上、常世のヒプノセラピーを受けた方です。

セラピー料金は、約3時間で15000円(税込み)です。

何年前に受けたセラピーでも構いませんが、お申込みの際に、以下のことをお知らせください。

1. セラピー受けた場所 (例: 東京都)

2. セラピーを受けたのは、何年前くらいか (おおよそでも構いません)

3. 受けたセラピーの種類 (例: 前世療法)

4. 当時のあなた様のお名前 (ご結婚等で苗字が変わった場合は、受けられた当時のお名前をお知らせください)

電話でのヒプノセラピー(2回目以降のクライアント様限定)につきましては、年間を通して申し込み可能です。

冬期、八ヶ岳でのセラピー休業期間中も受付いたしますので、継続的に施術を受けたい、というご要望にもお応えすることが可能となりました。どうぞご検討ください。

詳細は、ルートシステムHP  をご覧くださいませ。

お申込み、お待ちしております。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

虹色の玉(オーブ?)について、ソニーからの回答

先日のブログ記事

http://cafe.rootsystem.jp/2018/05/21/写真に写った虹色の玉は、オーブ 精霊/

の画像について、ソニーから回答がきました。以下に、コピペしてシェアしますね。

【ソニーからの回答】
お問い合わせいただいた件について、以下にご案内いたします。

該当画像を拝見させていただきました。
こちらにつきましては、ゴーストと思われます。

ゴーストは、光源 (太陽) がレンズ内で反射して
光源と対角側に発生します。ゴーストは、条件により
赤色や虹色といった色がついたり、色が濃くなったり
円形や楕円形もあります。

また、フラッシュを使用しており
空中に浮遊しているホコリや花粉などに光が反射した場合や
レンズにゴミなどが付着している場合などでも
発生することがあります。

撮影場所を少し変えていただいたり、フラッシュを発光禁止にしたり
レンズの汚れやゴミが付着している場合は、ブロアーや柔らかい布で
軽く拭きとっていただく等の対処法をお試しいただければと存じます。

・・・・・・というわけで、予想通りの回答でした(笑)。
文様のことは何も触れられていませんでしたが。
オーブ、というキーワードでググると、いろんな写真画像が出てきます。
カメラメーカーの回答を当てはめると、ほぼすべてがゴーストで片づけられてしまいますね(苦笑)。

私はやっぱりこの虹色の玉を見るとうっとりしてしまうし、別世界をのぞかせてもらえた気がするので、前回書いたように、自分の感覚を信じることにしました。
写真画像のゴーストがどんなものかをよく知っているパートナーも、「これは・・・・・・、ふしぎだ。」

改めて、虹色の玉の写った写真と、写っていない写真を載せますね。
前回の記事と併せてご覧ください。

虹色の玉(オーブ?)が写った写真

写っていない写真

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま