すべての記事

アトランティス時代のロゴ

セラピールーム ルートシステムのロゴマークは、八芒星です。ルートシステムHPだけでなく、このブログでもCDパッケージでも使用しています。
このロゴは、催眠中に私が見てきたアトランティスと関係しています。はるか昔のアトランティス時代に自分が見た図形と、樹木のイメージを重なりあわせて制作しました。詳細は、ルートシステム内の
https://rootsystem.jp/aboutrs/
に書いてありますので、興味のある方はご覧くださいね。

私はこの八芒星ロゴを見ていると、ふしぎなパワーを感じるのです。手のひらをかざすと、熱を感じると同時に、ちりちりしてきます。理由はわかりませんが、図形そのものが醸し出す何かなのでしょう。

さて、このロゴマークが、やっと商標登録されました!
書類を提出してから認定されるまで、約1年かかりました。長かったです(笑)。
商標登録証が届き、名実ともに、セラピールームルートシステムでしか使えないロゴマークになりました。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

電話によるヒプノセラピー、開始いたします

2回目以降のクライアント様限定で、電話でのヒプノセラピー施療を開始いたします。

対象となる方は、過去に1回以上、常世のヒプノセラピーを受けた方です。

セラピー料金は、約3時間で15000円(税込み)です。

何年前に受けたセラピーでも構いませんが、お申込みの際に、以下のことをお知らせください。

1. セラピー受けた場所 (例: 東京都)

2. セラピーを受けたのは、何年前くらいか (おおよそでも構いません)

3. 受けたセラピーの種類 (例: 前世療法)

4. 当時のあなた様のお名前 (ご結婚等で苗字が変わった場合は、受けられた当時のお名前をお知らせください)

電話でのヒプノセラピー(2回目以降のクライアント様限定)につきましては、年間を通して申し込み可能です。

冬期、八ヶ岳でのセラピー休業期間中も受付いたしますので、継続的に施術を受けたい、というご要望にもお応えすることが可能となりました。どうぞご検討ください。

詳細は、ルートシステムHP  をご覧くださいませ。

お申込み、お待ちしております。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

虹色の玉(オーブ?)について、ソニーからの回答

先日のブログ記事

http://cafe.rootsystem.jp/2018/05/21/写真に写った虹色の玉は、オーブ 精霊/

の画像について、ソニーから回答がきました。以下に、コピペしてシェアしますね。

【ソニーからの回答】
お問い合わせいただいた件について、以下にご案内いたします。

該当画像を拝見させていただきました。
こちらにつきましては、ゴーストと思われます。

ゴーストは、光源 (太陽) がレンズ内で反射して
光源と対角側に発生します。ゴーストは、条件により
赤色や虹色といった色がついたり、色が濃くなったり
円形や楕円形もあります。

また、フラッシュを使用しており
空中に浮遊しているホコリや花粉などに光が反射した場合や
レンズにゴミなどが付着している場合などでも
発生することがあります。

撮影場所を少し変えていただいたり、フラッシュを発光禁止にしたり
レンズの汚れやゴミが付着している場合は、ブロアーや柔らかい布で
軽く拭きとっていただく等の対処法をお試しいただければと存じます。

・・・・・・というわけで、予想通りの回答でした(笑)。
文様のことは何も触れられていませんでしたが。
オーブ、というキーワードでググると、いろんな写真画像が出てきます。
カメラメーカーの回答を当てはめると、ほぼすべてがゴーストで片づけられてしまいますね(苦笑)。

私はやっぱりこの虹色の玉を見るとうっとりしてしまうし、別世界をのぞかせてもらえた気がするので、前回書いたように、自分の感覚を信じることにしました。
写真画像のゴーストがどんなものかをよく知っているパートナーも、「これは・・・・・・、ふしぎだ。」

改めて、虹色の玉の写った写真と、写っていない写真を載せますね。
前回の記事と併せてご覧ください。

虹色の玉(オーブ?)が写った写真

写っていない写真

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

写真に写った虹色の玉は、オーブ? 精霊?

ふしぎな写真が撮れました。毎年春になると、庭の入り口にフデリンドウの花が咲きます。丈が3センチくらいの小さな可愛らしい野の花です。小さいので見逃してしまいがちですが、薄紫色の花が星屑をまいたように地面に広がっている様子は、なんとも愛らしくて、幸せな気持ちにさせてくれます。
「あなたたちは、かわいいね」
今年も健気に咲いてくれたフデリンドウたちに、自然とそんなことばをかけていました。

5月18日に、庭の入り口に咲いているフデリンドウを、パートナーが写真に撮ってくれました。そしたら、とてもきれいな虹色の玉(オーブ?)が写り込んでいました。大きさは5ミリくらいでしょうか、まるでフデリンドウに寄り添っているようです。パートナーは理系の人なので、この現象について、早速ソニーにメールで質問を送り(カメラがソニー製なので)、現在はその返事待ちです。ソニーから返事が来たら、このブログでお知らせしますが(たぶんカメラのレンズの埃とかが反射している、というような回答では、と予想)、カメラが趣味のパートナーも初めての出来事らしいです。

この虹色の光の玉の正体は不明ですが、私は見た瞬間に、「この子は、なんて可愛いんだろう」「なんてうつくしいんだろう」と感じて、うっとりしました。心が清められる感じがして、花の精霊ではないかと勝手に感じました。よく見ると、古代の鏡として有名な「三角縁神獣鏡」そっくりの文様が浮かびあがっているのがわかります。

想像をたくましくするならば、古代の人はこうした虹色の玉を見ることができていて、玉に浮き上がった文様を写し取った可能性もあるかなぁ、なんて思いました。
あなたは、どんなふうに感じますか。

あなたにしあわせが訪れますように。
虹色のオーブ? 妖精? 精霊? が消えていく様子です。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

 

ヒプノセラピーCDのご感想(H様)

Sunburst Over River

H様より、ヒプノセラピーグラウンディングCDのご感想をいただきました。H様のご快諾の上、シェアさせていただきます。
H様、スケールの大きなご感想を寄せてくださって、ほんとうにありがとうございました!

【H様のご感想】

声に誘導されていると、森が周りある草原が見えてくる。真ん中にアーチ型になったドアがあらわれる。素材は木材で色は濃い茶色、ドアノブは真鍮だ。

ドアを開けるように言われる。なぜか足下しか見ることができない。ドアのすきま、向こう側から明るい光が漏れてきている。中に入ってやっと正面を見ることができた。山の斜面に針葉樹が生えている。谷筋に出たようで、山が谷に沿って奥の方まで続いている。どこかで見たような景色・・・京都で北山杉を見に行ったときに見たあの光景ににている。

明るい森がみえてくるよ、といわれているのに、自分はなぜか、谷筋から直交するように山に向かい、針葉樹の薄暗い林の中に入っていく。薄暗い。薄暗い中を進んでいくと、突然空の開けた場所に出る。そして自分に覆い被さるように大きな木があらわれる。その木は自分の目の前でどんどんぐんぐん大きく成長し、やがて空いっぱいを覆い隠すほどになった。楠のような広葉樹。幹はとても太くどのくらいあるかも検討つかないくらい太い。あまりに立派な木なので、そのすごさに圧倒され、感動し、涙が出た。

木の幹に触ってみると、木の中の様子がわかってくる。足下には地球内部の白い光の塊が丸くなって、ぐるぐると回っている様子が見えている。強力なエネルギーの塊のような感じだ。そのエネルギーに自分の根っこが触れている。手を伸ばすように言われ、枝をどんどん広げると、太陽からの光の粒を葉っぱと枝が受け取っているのを感じる。降ってくる光の粒を受け止めて、エネルギーとし、地球に送っているようにも感じた。自分は太陽と地球の間の存在。その二つをつなぐための存在。つなぐために静かに、ただひたすらにそこにたたずんでいる。そんな感じだった。

言われる前に、いつの間にか自分の視線が高くなり、遙か遠くまで、かすんで見えなくなるまで森が続いているのが見えている。数え切れない数多くの木々が同じように静かにたたずんでいるのがわかる。意識をどんどん広げていくように言われると、視点がさらに高くなり、森がだんだんかすんでくる。このまま宇宙に出て行ってしまいそうだったが、上から眺められる位置に戻ってきた。そしてまた、ただひたすら静かにたたずみ、足下の白いエネルギーと、空から振ってくる光の粒、エネルギーを感じている。

メッセージは何もなかったが、地球上の生命はこうやって太陽と地球、天と地をつなぐ役割をただひたすらに果たしているのだ、ということを教えてもらった。いつも目の前の問題に対する答えが得られたら、と思うのだが、そんな話はどうでもよいと思わせられるような、マクロなスケールのビジョンしかあらわれてこない。でもそれでよいのだと思う。

戻ってきたら、とても穏やかな、優しい気持ちになっていた。ややこしい問題もリセットされてしまったようだった。地球とつながるというのは、こういうことなのだ、と理解したような気がする。

大変すばらしいCDでした。ありがとうございました。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま