すべての記事

ブライアン・ワイス博士のワークショップ

前世療法の世界的権威、ブライアン・ワイス博士の大阪ワークショップに参加してきました。写真は、大阪造幣局の通り抜けの桜です。きれいでしたよ~。

ワイス博士は、想像通りとても穏やかで素敵な方で、全身が慈愛の雰囲気に包まれていました。参加者は、400名くらいだったと思います。大阪は暑くて、全身汗だくになりました。化粧もあっというまに全部はげました。

拙著『前世療法でわかったアトランティスとムーの真実』(たま出版)で書いている通り、私はワイス博士の本がきっかけで人生が変わりました。ヒプノセラピストになるまで、私は精神世界関連の本や話を毛嫌いしていた人間で、そうした世界とは一生関わりたくないと思っていました。それなのに、いきなり自分の頭では理解できないことが次々と起きてきました。

動揺しまくる私を見かねた親友が、ワイス博士の本を送ってくれたのです。この本の中ではじめて、ヒプノセラピーやヒプノセラピストやソウルメイトという言葉を知ったのが、2003年のこと。そこから一直線にヒプノセラピストになるべく全力で走り抜けてきました。人生の大きなターニングポイントでした。

ブライアン・ワイス博士と

今回、ワイス博士から学んだことがたくさんあります。ひとつは、ゲシュタルト療法を元にした方法で、自分の病気や症状と対話をしていくというもの。なぜその症状を持っているのか等、症状を理解することで変化が起きる可能性があるそうです。病気・症状と催眠状態で対話をしていくための方法です。

ひとつは、物の持つ記憶を感じるというもの。個人的には、これはぜひ取り入れたいです。国内外の遺跡や、古い硬貨や宝石などのそれを感じることができたら楽しいだろうなぁと思います。

ひとつは、アカシックレコードにたどり着くための、催眠誘導のヒントを得ました。そのヒントから、アカシックレコードへの誘導文言を、イメージしやすい言葉を連ねて作り上げてみようと思っています。

ほかにも学んだことはありますが、こうしたことを少人数のワークショップで共有できたら楽しいと思います。需要があるかどうかはわかりませんが(苦笑)、たとえ参加者がおひとりでも、やってみたいなぁ。

ヒプノセラピストになる前の私からしたら、こんな今の私は想定外でしょうね(笑)。人生とは、ほんとに不可思議です。拙著を書いたころ、私はいきなり全部のチャクラが開いたような状態になり、あとから考えると、アカシックレコードなるものにも常時つながっている状態になっていました。もちろん当時は、アカシックレコードという言葉さえ知りません。そんな無知の人間が、突然意識だけはどこにでも行けてなんでもわかる状態になったのです。恐怖しかありませんでした。人間としての自分が破壊されるという、それまで感じたことのない恐怖です。あのままだったら、確実に気が狂っていたことでしょう。そうした異常な能力を強い意志で拒絶した瞬間、つきものがとれたように、ふっと元の自分に戻ったのです。

しかし、今になって思うと、なんとももったいないことをしたものです(爆)。

ワークショップの会場では、セラピストの村井啓一先生となんと14年ぶり(!)に再会しました。村井先生は、このワークショップの主催者です。私は村井先生が催眠のスクールを開講する前にセラピストになっていましたので、先生の生徒ではありません。セラピストになるためのスクールに通っていた時に、クライアントとして前世療法を受けに行ったのです。当時、先生と私には共通の知人がいて、その方に紹介されたのがきっかけでした。拙著は、このセラピーの記録を文字に起こしたものです。後にも先にも、私がクライアントとしてヒプノセラピーを受けたセラピストは、村井先生だけです。

村井先生「元気そうやねぇ」

私「はい、元気ですぅ」

こんなたわいない会話をして写真を撮りました。充実した2日間でした。

村井啓一先生と

『ヒプノセラピー グラウンディングCD』発売!

ルートシステム ヒプノセラピーCD 販売ショップ、「もりのこだま」がオープンしました!
「もりのこだま」HPはこちら!

『ルートシステム ヒプノセラピー グラウンディングCD』(¥3000・送料別)の販売を開始しました!

[グラウンディング+地球とつながる]ことをコンセプトに制作したルートシステムオリジナルCDです。
[CDの目標]
・しっかりとグラウンディングができること
・ヒプノセラピー独特の世界を感じられること
・あなたが何らかのメッセージを受けとることができること

CDでは、はじめから終わりまで催眠誘導をしていますので、ぜひ暗い静かな部屋で横になってお聴きください。聴いていると、自分よりもけた違いに大きなものから、何かメッセージがやってくることもあるでしょう。

CDの内容詳細につきましては、ルートシステムHPのルートシステム ヒプノセラピー グラウンディングCDをご覧ください。

このCDが、あなたの生活の一助となれたなら、こんなにうれしいことはありません。

ルートシステムHPでは、以下について詳細に説明していますので、ご興味のある方はご一読くださいね。

『ヒプノセラピー グラウンディングCD』の特徴

1.どんなときに聴けばいいの?
2.催眠状態で自分へのメッセージを受けとりたい場合

ヒプノグラウンディングCDの詳細

1.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』を作った理由
2.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』の内容
3.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』で地球とつながる意味
4.CDを聴いて、別な存在からメッセージを受けとることもある

グラウンディングとは

1.そもそも、グラウンディングって、何?
2.グラウンディングができている状態とできていない状態との違い
3.グラウンディングができていない状態とは
4.日常生活で使えるグラウンディングの方法
5.前世療法の終わりにグラウンディングをする理由

IKEA立川

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」は、4月7日発売予定です。いましばらくお待ちくださいね。

さて、先日、所用で八王子まで行ったついでに、「IKEA立川店」へ行ってきました。道中の高速道路からは満開の桜並木も見ることができて、思いがけず春も満喫できました。
はるか10年以上前のことですが、IKEA三郷店に行ったことがあります。このときは電車で行ったので、あまり重いものは買えなかったのですが、今度は車なので重いものも買えるぞ、とわくわくしてお出かけしました。実は東京に住んでいたころ、IKEA立川ができるという話を聞いていたのですが、店舗ができる前に八ヶ岳に完全に引っ越してしまったため、行きたいなぁと思いながらも、なかなか行く機会がなかったのです。

IKEA立川店では、キッチン用品を買いこんできましたよ。北欧の真っ白いお皿は、どっしりしていておしゃれで、何にも合う優れもの。価格も驚くくらい安いので、ずっとほしかったのです。グラタン皿をはじめ、焼きリンゴを作るときに使えそうなオーバル皿、スクエアのガラス、ガラスコップなど購入しました。かわいいデザインの保存袋も安くておしゃれなので、ついついまとめ買い(笑)。

レストランで食べたのは、写真のように、フィッシュ&チップス、サーモンソテー、パン(何種類もとりました)、スモークサーモンなど。メインはなかなか美味でしたよ。大食いの2人でも、ボリューミーでお腹いっぱいになりました。フィッシュ&チップスは、以前イギリスに行ったとき、食べられずに帰国してしまったことを後悔したので、食べてみたかった一品でした(笑)。ドリンクパーも入れて、大体ぜんぶで3000円(2人分)です。けっこう食べた・・・・・・。クロワッサンは、なんというか、しっかりしていました。サクサクフワフワではないので、日本のパン屋さんのクロワッサンを想像したらいけません。

それにしても、なにしろ人が多い。平日にも関わらず、人だらけで、普段ほとんど人のいない場所に住んでいる身には、こたえました。人疲れってやつです。土日祝日の混み具合を想像すると、そら恐しくなります。
人の多い都会には住めない体になってしまったことを痛感させられましたが、充実した一日でした。

ヒプノグラウンディングCD、近日発売のお知らせ!

4月7日に、「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」 を発売いたします。

ナレーション録音・ミキシング・ジャケット撮影・デザインともすべてセラピールーム ルートシステムで行ったヒプノCD(CD代金 ¥3000)です。

はじめのうちは、ルートシステムHP経由のご注文になりますが、追ってアマゾンでも購入可能なように手続き中です。
ルートシステムHPからのご注文時には、アマゾン同様にクレジットカードも使用できますので、注文ページが出来上がるまで、いましばらくお待ちくださいね。


以下のようなCDの特徴・説明詳細は、後日アップいたします!

***「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」の特徴***

地に足をつけて生きたい。
催眠状態を感じてみたい。
目に見えない大きな存在を感じてみたい。
自分の原点に戻りたい。

そんなふうに思ったことはありませんか。
しっかりとグラウンディングができつつ、スピリチュアルな世界も体験できるように作成したのが、「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」です。

・どんなときに聴けばいいの?
・そもそも、グラウンディングって、何?
・グラウンディングができている状態とできていない状態との違い
・グラウンディングができていない状態とは
・日常生活で使えるグラウンディングの方法
・ヒプノグラウンディングCDを作った理由
・ヒプノグラウンディングCDで地球とつながる意味
・CDを聴いて、目に見えない存在からメッセージを受けとることもあるし、前世の自分からメッセージがやってくることもある
・前世療法の終わりにグラウンディングが必要な理由

前世の記憶

紀元前のローマで起きたことを知らなければならなかった理由

紀元前200年頃のローマ。大国が支配する時代に生きている自分。
目の前にはどんな風景が広がり、どんな出来事を目撃したのか。
どんなことを感じながらその時代を生き抜いたのか。
いったい、そのころの自分は現世に生まれ変わった自分に何を伝えたくて、あのシグナルを送ったのか・・・・・・。

前世療法で、それらのことをすべて体験されたのが、画家の中嶋しいさんです。

 

画家・中嶋しいさんの作品群の底流にあった、前世の記憶

しいさんの前世の記憶には、今の平和な日本に生きているものにとっては想像もできない残酷な場面も含まれていました。
しいさんは、その記憶を血肉を削る思いでまとめあげ、先日、ご自身のHPで公開されました。
衝撃的な内容ですし、当時の人々の息遣いまで伝わって来るようです。私は歴史フィルムを見ているような気持ちで拝読いたしました。その当時の記憶がこれまでのしいさんの作品群に無意識のうちに投影され続けていたこともわかりました。

2000年以上前のしいさんの生々しい記録に、あなたはどんなことを感じるでしょうか。

中嶋しいさんのHPから、メニュー「2000年の時差ぼけ」を開くと、記録を読むことができます。
イタリアでの不思議な体験」「ヒプノセラピー体験」の順で読むと、時系列がよくわかります。

中嶋しいさんのHPはこちらです。
Shii Nakajima