すべての記事

生きる意味 死ぬこと

Huatulco Coastline

東日本大震災から7年

東日本大震災から7年です。
一度に大勢の命が失われたこの日、3月11日になると、生きる意味、そして死ぬということに意識が向かうのではないでしょうか。

スピリチュアル系の方の中には、人は、いつ死ぬかを知っていて生まれてきて、その死によって周囲の人に何かを学ばせようとする、それは東日本大震災でも同様だという考えを持っている方がいます。私は、こうした考えに触れたとき、憤りと強烈な違和感を覚えました。

 

大震災で死ぬことは予期できない

ヒプノセラピストをしていると、死者に会うというセッションに発展していくことがあります。セラピー中に発せられた死者のことばは、クライアント様の口を通して語られるのですが、その時、確かに、「生まれたときから、自分は死期を知っていた」というお話をされる死者の方もいますし、そういう方は決して例外ではありません。けれど、それは、事故死(自殺を含む)や病死をした方に限られています。

東日本大震災など、人智をはるかに超えた大災害で亡くなられた方にとって、そうした考え方はまったくあてはまらないというのが私の考えです。本当にいきなり死んでしまったのです。まったく予期せぬ形で人生を絶たれたのです。命を奪われた、という言い方が適当ではないでしょうか。それが地球規模で起きる災害の特徴ではないかと思っています。どんな人でも、生まれるときに、地球規模の災害で自分が死ぬことは計画に入れていないのではないでしょうか。

祖母は人の死期がわかる人だった

私の祖母は、人の死ぬ時がわかるという能力を持っていたそうです。明日の何時に誰誰が死ぬから、葬儀のための準備をしておくように、などと普通に言ったとか。その通りになるので、あらかじめ心の準備ができたという話を聞いたものです。死者がやってくるのも自然にわかったそうで、我が祖母ながら、ふしぎな人だと思います。もし、祖母が生きているときに東日本大震災が起きていたら、彼女はなんて言っただろうと、ふっと脳裏をよぎることがあります。

東日本大震災にまつわるノンフィクション本のご紹介

東日本大震災に関わる二冊の本をご紹介します。
二冊とも、生きる意味と死ぬことを考えさせられる本です。大事な人をあの震災で喪ったとき、その人の魂をどうとらえるのか、人は何に希望を見出して生きていくのかということに思いが及ぶとともに、残された者の悲しみが胸に迫ってきます。

八ヶ岳でのヒプノセラピー、ご予約再開

今年の春の訪れは早そうです。
4月20日から、八ヶ岳でのヒプノセラピーを再開いたします。
ご予約受付を再開いたしました!

もうひとつ、セラピールームからお知らせです。
オンラインマーケットの「Wow! me」に、電話相談サービスを出品いたしました。
こちらは、ルートシステムでセラピーを受けない方でも大歓迎です。
微力ながら、催眠に興味のある方のお役に立てればと思っています。

詳細は、ヒプノセラピー ルートシステムよりご確認くださいね。

春が近づくと、なんだかいろんなことに挑戦してみたくなりませんか。何歳になっても、新しいことをはじめるのは楽しいものです。本当に好きなことは、「苦しいけれど楽しい」ものではないでしょうか。
私もこの冬、ひとつ新しいことにチャレンジして、形に仕上げました。
3月中にご案内できると思いますので、楽しみにしていてくださいね。

八ヶ岳南麓 寒いほどお得フェア

冬のこの時期、八ヶ岳南麓のお店では「寒いほどお得フェア」という割引セールを開催しています。タイトル通り、最大50パーセント引きで、ある商品の購入や飲食ができるというイベント。50パーセント引きになるのは、その日の朝の気温がマイナス5度以下になったときだそう。本日は、清里駅前がマイナス7.3℃だったので、いそいそとその恩恵に預かるべく、出かけてきました。

寒いので、がっつり食べようかとということになり、清里、萌木の村にあるROCKで、通常1720円の「ベーコン&ファイヤードックカレー」を注文。寒特フェアのため、本日は半額の860円也。うちから近いのに、ROCKに来たのは数年ぶりです。お客さんは、見るからに地元の人が多数で、みんなこのフェアを楽しみにしているのが伝わってきました。清里よりもうちは寒いので、マイナス7.3℃は「あったかいね」の部類です。寒いところに慣れてしまうと、気温の感覚がおかしくなります(笑)。

おなか一杯食べた後は、清泉寮のパン工房でミルクパンをゲット。清里から富士山がきれいに見えました。

久々に、清里でのんびり遊んだ日でした。こういうイベントは、消費者にとってはありがたいですね。参加する店舗がもっと増えるといいなぁ。

リスが、かわいい

26日の夜、外気温がマイナス20度以下になりました。例年並みです。一方、積雪量はとても少ないです。室内の湿度は低く、画像のようにLOの表示です。おせんべいも、クッキーも、一日封を開けておいても、しけらずに、ぱりぱりのままです。

積雪もさらさら。そんな中、野鳥に混じって、リスが遊びにきてくれました。ちっこくて、かわいいです。


こちらは、シメさん(いかつい感じですが、かわいい)と、シジュウカラさん。並んで順番にひまわりの種を食べていました。お行儀がよいです。

野鳥が可愛い

ずっと雪がなかったのですが、昨日25センチほど降り積もりました。それでも、たった25センチです。例年よりもはるかに少ないです。この記事を書いているときの外気温はマイナス13度なので、例年並みなのですが、雪が少ないと、ふしぎなことに寒く感じるものです。寒波がやってきているようなので、今夜はもしかすると、マイナス20度を超えるかもしれません。みなさんも、暖かくして休んでくださいね。

雪が降ると、庭には野鳥たちがたくさんやってきます。ここで越冬する野鳥たちのために、うちでは、冬の間、ひまわりの種をだしておきます。いろんなしぐさを見せてくれるので、時間を忘れて見入ってしまうこともしばしばです。

まずは、やまがらちゃんの、伸び縮み画像をどうぞ。2枚とも、同じ子です。

タイトル: ちぢんでる。

タイトル: のびてる。

 

続いては、アトリちゃんです。

タイトル: リーゼントなアトリ。

タイトル: 見ようによっては、空中キス。

最後に、コガラちゃん。

タイトル: 極小ゆきだるま。