すべての記事

死者の方・生者の方

ヒプノセラピストという職業柄、大切な方を亡くされたクライエントの方にお会いする機会も多い。亡くなられた方に対して、クライエントの方は、自分がしてあげられなかったことや言ってあげられなかったことへの後悔・罪悪感・悲しみ等の入り混じった感情を抱えている。そうした感情の重さに押し潰されて、本来の自分自身の人生を生きられなくなる場合がある。自分だけ幸せになっていいのか、亡くなった○○に悪い、という罪の意識が、知らないうちに心の底にこびりついている場合である。
そうした時に、運悪く、まがいものの霊能者やヒーラーと出会ってしまい、その人たちから、「○○が成仏していない、貴方はもっと△△するべきだ、云々・・・」などということを言われたら、こびりつきは一層強固になりやすい。
 

でもね。それだけ大切に思われている死者の方というのは、間違いなく幸せ者なのではないだろうか。生きている時以上に深く大事に思われていたりするのだから。
実際にセラピーに入ると、死者の方は、そんなクライエントの方に笑顔で会いに来てくださるのだ。不満や憎しみとは対極の柔和な優しい表情をして、クライエントの方の目の裏に甦る。

私は普段は霊を全く見ないタイプなのだが(本当よ)、セラピーの時だけは、変化する。クライエントの方の潜在意識を拓いていく中で、同時に私自身の潜在意識も自動的に拓かれていくからなのだろう。私も、死者の方のお姿を見ているのだ。視覚で見ているのではない。なんというか、脳で見ているというか。脳に映し出されるお姿を、脳が見ているというか・・。だから視覚は補助的にしか使っていない。うまく説明できないが、普通の状態では使用しない感覚が無意識のうちに立ち上がるようなのだ。
クライエントの方と、目が似ていらっしゃるなぁとか、髪がウエーブがかっていて綺麗だなぁ、生前はとてもおしゃれな方だったのだぁとか・・・、いろんなことを感じながらセラピーさせていたた゜いている。多分、このブログを読んで、びっくりしているクライエントの方もいるのではないかと思うが、そんなことを感じていたわけなのですよ。

なんでこんなことを書いたかというと、まがいものの霊能者やヒーラーの言葉も手伝って、マイナスの念で自分自身を呪縛してしまうケースが多い、ということを言いたかったからだ。

人は誰でも、何らかの生きる目的を持って生まれてくる。それを見えなくしてしまうのは、深い悲しみだったり、罪悪感だったり、怒りだったり、他人からの心無い言葉だったりする。
貴方の大切にしていた方は、亡くなってから貴方をマイナスの思いで縛るようなことはしない。貴方が前を向いて笑顔で生きていくのを見守っているのだ。

動物と暮らすということ

以前もブログで書いたが、愛犬タビは、東京で散歩をすると、行きは元気はつらつだが、帰り道には牛歩になる。牛歩でよたよた歩いていると、「何歳くらいですか?」と、しばしば声をかけられる。
「13才になります」
「そう・・・。うちでも、犬を飼っていたんですけど・・・」
声をかけてくださる方は、たいてい、犬を見送ったご経験のある方々だ。よたよた歩く老犬の姿に、昔のご自分の愛犬の姿を重ねているのがよくわかる。そしてそれぞれの経験をしみじみ語ってくださる。闘病の様子だったり、痴呆の状態の様子だったりするが、最後には、亡くなるときのことをゆっくりと話してくださる。
今朝は、痴呆の愛犬を看取った方が声をかけてくださった。
「どの子も、いろんな理由で遠い世界へ行ってしまうのでしょうけれど・・・、最後は、かわいそうでした。白内障で目も見えなくなって、耳も聞こえなくなって、立ち上がることもできないのに、前足だけで支えてぐるぐる回ってて。昼夜も逆転しちゃって、けっこう大変でした。病院へ行っても、精神安定剤を出されるだけで。ときどき抱っこして、この近所を歩いたんですよ・・・」
よたよた近づいていくタビの頭をなでて、「がんばってね」と、励ましてくれていた。
先日は、「うちの子と似ていて、懐かしくて・・・」と、近づいてきてくれた方がいた。その日は、ちょうど亡くなった犬の命日だそうで、ドアを開けたら、タビと私が歩いていたのだそうだ。タビの身体を撫でながら、
「犬を触ったのは、十年ぶりです。ああ、ほんとうに懐かしい。もう触れないと思っていました」
泣きそうになっているので、
「抱っこしてもいいですよ」
と言うと、「ほんとうですか?」と嬉しそうに目を輝かせて、タビの身体を、両腕でとても優しく抱きしめていた。
タビと歩いていると、こうした心の奥深くが動かされるような出来事にたくさん出会う。それぞれの方々の愛犬との思い出を聞く度、あたたかく優しい気持ちに満たされる。愛犬を看取った方々は、みな、その子との思い出をとてもとても大切にしている。動物と暮らすということは、いずれはその子を看取っていくことでもあるが、その子は、飼い主に対して、誰も奪うことのできないかけがえのない宝物を残して旅立っていくのだ。

チベット問題

ニュースでは報じられないチベットに関することを、次の記事で知り、胸を打たれました。タン・タンホン氏(四川省成都出身。詩人・ドキュメンタリー映画監督)のエッセイで、翻訳したのは、私の友人Mさんです。「中国人詩人によるチベットへの想い/チベットの苦悩、わが恥」と題して綴られています。
http://www.tibethouse.jp/news_release/2008/080321_danhong.html
(「ダライ・ラマ法王日本代表部事務所」)

QX-SCIO

QX-SCIOとは、ホメオパシー治療で補助的に使うこともある生体エネルギー測定&修正システムのこと。詳細を知りたい方は、ネット検索してみてね。QX測定をすると、身体の中の状態だけでなく精神面の情報も得られる。だから、ホメオパスにとって、QXは心強い相棒のようなものだ。
先日、生まれてはじめてスクールの友人にQX測定をしてもらった。ひどく疲労している状態がデータとして出てきた。確かに。過去に自覚のないまま、いろんなインフルエンザにかかっていたことも、わかった。へぇ~。ストレスで副腎が影響を受けていること、頭頂チャクラの使い過ぎだということ、運動不足、etc・・・。これって、究極の個人情報ではないかしらん。とにかく、予想をはるかに超えるものすごい機器だということはよーくわかった。価格だって、高級車一台分だもの。はぁ~。でも、QXが使えたら、今後仕事をしていく上で、とても心強いだろう。それは間違いない。でも、QXを買うと、10万キロ乗っている車の買い替えができない・・・。
悩んでいたら、ますます疲れてきた。もう寝ようっと。

前世療法でわかった中間世

タイトルは拙著『前世療法でわかったアトランティスとムーの真実』のパクリです。
 
死んだらどうなるのか、どこへ行くのかは、もちろん実際に死んでみないとわからない。中間世があるのかないのかも、死んではじめてわかる。だからここに書くのは、あくまでも私が数百人に前世療法をさせていただいて判明した、死後の魂の行き先である。
 
前世療法では、ひとつの前世を詳しく振り返り、その人物の死を経て、肉体を抜けて魂になり、中間世の入り口も経験していく。肉体を離れた魂が吸い込まれていく場所は、大きく分けて、以下に分けられるようだ。
 

1. 雲の中のような白っぽい気体の中。ここでは、安心感と同時に、居るだけで満たされた感覚に浸る。
2. 明るく荘厳な光の中。虹色の光を見る人も多い。ここでも、安心感と満たされた感覚が起こる。

 
1と2の場所で、「貴方のほかに何か気配はある?」と尋ねると、「ほかにも順番待ちをしている魂がいる」「姿は見えないけど、たくさん気配がある」「何人もの人が繭のような中に入って浮かんでいる」と言う方もいる。 
 
3. 大自然の中。まるで虫になったように草原の草むらに入ろうとしたり、鳥のように木々の枝葉に留まったりする。風になって、自分の好きな山脈や海の上を渡っていく方もいる。とても気持ちがいいらしく、感動の声をあげる方も多い。
 
「千の風になって」という歌が日本で流れるずっと以前から、その歌詞のような中間世を経験する方々がいたのだ。
 
4.宇宙空間へ飛び出す。私はこのタイプだった。宇宙に浮かんで、青い地球を眺めるのだ。見て感じるのは、青く輝く地球と、宇宙の闇と、散らばる星々の姿である。
 
4のタイプの中には、そのまま別な惑星へ自然に引っ張られていく方もいる。その場合は、その方の「魂の故郷」が、地球ではなく別な惑星なのではないかと、私は解釈している。
 
ご参考までに。