ヒプノセラピー(催眠療法)・前世療法(前世セラピー)

アカシックレコードにアクセスする催眠、はじめます

新しい催眠誘導をはじめました。
ひとつは、アカシックレコードにアクセスする催眠。
ひとつは、ムーやアトランティスやレムリアという伝説の時代へ行く催眠。
この2種類の催眠については、近日中にHPにもアップいたします。

今日は、アカシックレコードにアクセスする催眠について、ご紹介します。
この催眠は、「あなたの神話をひもとく旅」です。

自分ではアカシックレコードに行けない、アクセスできないと思いこんでいる方も多いと思います。
ときどき、クライアント様から他人にしてもらったアカシックレコードリーディングやチャネリングの話をお聞きすることがあります。その機会が増えるにつれて、なんとなくその内容に引っ掛かりを感じたり、腑に落ちないと思うことが増えてきました。そのせいで、逆に、「アカシックレコード」と言われるものに興味を持ったのです。それまでは、私は「アカシックレコード? うーん、興味ないなぁ」というタイプでした。
他人からのリーディングやチャネリングの結果がクライアント様に、けっして良い影響を与えていない、むしろ悪影響だと感じるとき、引っ掛かりや腑に落ちない感覚がむくむく頭をもたげてくるようになったのです。

これは、私がヒプノセラピストだから、かもしれません。ヒプノセラピーとは、答えを自分の外に求めるのではなく、自分の内に求めるものです。どんな時でも、その考え方は揺るがないです。

真理の教えはわが心にある、と説く空海密教の考え方があります。私が、空海の、「仏法、遥かにあらず、我が心中にてすなわち近し」(『般若心経秘鍵』より)ということばに惹かれるのは、ヒプノセラピーの考え方と共通しているからです。また、エドガー・ケイシーはこう言っています。

あなた自身をよく分析してごらんなさい。あなたにふりかかる一切の問題の解答はあなたのなかにあるはずですから。なぜなら、肉体的・精神的など一切の属性をもつ人間の霊魂は偉大なる宇宙の大霊の一部だからです。それ故、答えはすべて自己の内部にあるはずなのです。(『転生の秘密』p.417より)

話がそれました(苦笑)。

というわけで、誰でもアカシックレコードを自分で見に行けるようにと、新しい催眠誘導法を作り上げたわけです。アカシックレコードには、自分で行きましょう。他人に見に行ってもらうのではなく、可能なかぎり自分自身で! (しつこい?)

かつての私のように、「アカシックレコードって、何?」と首をかしげる方もいると思いますので、『転生の秘密 エドガー・ケイシー・レポート』(ジナ・サーミナラ著/たま出版, P76)より、抜粋します。

【アカシックレコードとは】

アカシァとはサンスクリットで、その構成が電気的霊的であるところの宇宙の根本的なエーテル的実体のことである。このアカシァの上に宇宙はじまって以来のあらゆる音、光、運動、想念などの記録が印象されたまま消えずに残っているのである。

この記録があるから透視者や占者たちが過去を見ることができるのである。その過去がいかに遠くとも、またそれが普通の人間の知識ではどんなに近づきがたくとも、見えるわけはそこにあるのである。

アカシァ(感光板)は皿のように印象を記録する。これは宇宙の巨大なスナップ用のカメラとも見なされるものである。これらの振動的記録を読む能力はわれわれおのおののなかに生来そなわっている。それはわれわれ諸々の器官の感度に依るのであり、またラジオを正しい波長に合わせるように、正しい意識度と調和させることのなかにあるのである。

エドガー・ケイシーは、催眠状態でそこにチャネルを合わせて、あまたの情報を得てきたと言われています。
拡大解釈すると、催眠状態、すなわち変性意識状態でなら、誰でもアカシックレコードにチャネルを合わせられる可能性があるということです。

で、作りましたよ、催眠でアカシックレコードにアクセスする方法を。
録音した自分の誘導で実際にアカシックレコードへも行ってまいりました。パートナーにも何度か実験台になってもらいました。
アカシックレコードに現れる情報には、文字もありますが、読めない文字で書かれていたりします。見たこともない図形だったり、数字だったり、何かのシンボルのようなものもあります。
アカシックレコードを読むのが難しいと言われる理由には、その人が理解できるもの、知ってもよいものしか現れないからだ、という説があります。たしかに、こうした抽象的なものたちから得られる情報を正確に解釈するには、難しいかもしれません。解釈する人の数だけ、答えの数もあるかもしれません。

けれど、実際にパートナーを催眠誘導し、催眠中に対話をしていくことで、意味不明の図形の断片でしかなかったものが意味を帯び、パートナー自身のことばで語られていきました。私が質問したり、確認したりという双方向の対話によって、さまざまな情報が引き出されていくのです。一見、よくわからない何かの切れ端だったり、無意味のように感じられた抽象的な情報が、対話をしていくことで、はっきりした輪郭を形づくりながら、いつくかの大きな意味をなしていきます。

誘導しながら、私は、まるで暗号化されてそこにしまわれていた彼の神話をひもといているように感じました。彼は、自分がどこからやって来たのか、また、自身のことだけでなく宇宙のしくみに関係することなども、情報として受け取っていました。

そうです、アカシックレコードとは、暗号がちりばめられた場所であり、暗号化された神話のような情報がたくさん収められているところなのです。
もちろん、あなたの神話も、そこに暗号のまま存在しています。見たことのない文字や、デッサンのような図形や、数字の羅列として。

時空を飛び越えて、あなたの神話をひもとく旅ができたなら、すてきだと思いませんか。

アトランティス時代のロゴ

セラピールーム ルートシステムのロゴマークは、八芒星です。ルートシステムHPだけでなく、このブログでもCDパッケージでも使用しています。
このロゴは、催眠中に私が見てきたアトランティスと関係しています。はるか昔のアトランティス時代に自分が見た図形と、樹木のイメージを重なりあわせて制作しました。詳細は、ルートシステム内の
https://rootsystem.jp/aboutrs/
に書いてありますので、興味のある方はご覧くださいね。

私はこの八芒星ロゴを見ていると、ふしぎなパワーを感じるのです。手のひらをかざすと、熱を感じると同時に、ちりちりしてきます。理由はわかりませんが、図形そのものが醸し出す何かなのでしょう。

さて、このロゴマークが、やっと商標登録されました!
書類を提出してから認定されるまで、約1年かかりました。長かったです(笑)。
商標登録証が届き、名実ともに、セラピールームルートシステムでしか使えないロゴマークになりました。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

ヒプノセラピーCDのご感想(画家・中嶋しい様)

アーティストの中嶋しい様より、ヒプノセラピーグラウンディングCDのご感想をいただきました。
しい様のご快諾の上、ここにシェアさせていただきます。しい様、ありがとうございました!

実は、このCD、「聴き始めるとすぐに爆睡してしまって、まだ聴けていない・・・・・・」という方が続出していまして、CDタイトルを「すぐに眠れるCD」とでも変えたほうがいいのだろうか、と悩んでいました(笑)。

しい様は、「すぐに寝れるか、または森へいけるかの二択。どっちも素敵なこと」、「7回目のCDは、やっぱり瞬爆でしたよ!!・・・・・すごいCDだ(笑)」ともおっしゃってくださいました。
意図しない方向ですが(爆)、なんだか妙にうれしいですね。不眠に悩んでいる方、ぜひどうぞ!(笑)

【中嶋しい様からのご感想】

先生のCD、
今朝、6回目にして初めて最後まで聞くことができました。
疲れていたのせいもありますが
先生のお声があまりに心地よく
夜に聞いていたときは瞬殺で眠りに落ちてしまっていたんです。
でも、不思議に、最後の部分は一旦目が覚めて
自分に戻ってくる場面ばかり何度もリピートしていました(笑)
5回も(笑)
なんなんだ・・・と自分にあきれていました。

で、これはもう夜では無理だと思いまして
今朝5時半に目が覚めてから
CDをかけてみました。

行ってまいりました!!!!!
ありがとうございました。

一番不思議だったのは
扉を開けて森に入ったときから
私自身が木だったんです。
向こうから歩いてくる自分が見えたんです。
足元が土の温かさでぽかぽかしていて
私の足はまぎれもなく木の根だったんです。

これって、逆ですよね??
って戸惑いながら続けました。
木を抱きしめるシーンでは
人間の姿をした自分に抱きしめられている大木の私。

あっれー?
おかしいなあ。。。と(笑)

先生の誘導は「木が自分で 自分が木で」という場面がありますから
これもありなのかな?と(^^;;
納得することにします。

おかしーww

迷いを払拭するイメージとして
今日感じた自分(大木)はとても誇らしく、温かい気持ちになりました。
このイメージは何度もリピートしたいです。
枝が全然なく、真上にやっと葉が茂ってたのですが
まっすぐで、気高く(まるで本来の私ではないけど:爆)
なんだか、人と関わらずに過ごしている今の自分にぴったりで
少々寂しいような
でも、必要な時間のような・・・

気の済むまでひとりで過ごしてみた先に
何が見えるのか、待てばいい。
今はそんな風に解釈しています。

まだ解釈が変るかもしれませんね(^^;;

先生のお声の心地よさは嬉しいですね。
素晴らしいCDをゲットできて幸せです。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま
※CDはアマゾンでも購入できるようになりました。

ヒプノセラピーCDのご感想(S様)

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま
※CDはアマゾンでも購入できるようになりました。

先日発売した、「ヒプノセラピー グラウンディングCD」のご感想とご質問を、S様よりいただきました。S様は、ご自分の足で立っている感覚がない、足元の感覚がないというお悩みをお持ちでした。

CDをご購入くださった皆様や、ご購入を検討されている方のご参考になればと思い、S様のご快諾の上、シェアさせていただきます。S様、ありがとうございました!

【S様からのご感想とご質問】

すぐ聴きました。聴き終わったとき、すがすがしい涙が出ていました。

根っこに吸い込まれていく部分で、私は、私の左足しか吸い込まれて行かないのです。太ももの付け根まで吸い込まれて、締め付けられて痛いくらいです。右足の爪先をそこに入れようとしても、その隙間もありません。体が変に斜めになっています。

メッセージは言います。
「左足は純粋で無垢で素直だ。穢れのない清々しい清い心を持っているのがお前の左足だ。そのようにおなり。右足も素直になって。要らないことを捨てて。
そうしたら真っ直ぐに立てて両手を上に伸ばせるんだ。さあ、次に挑戦して。大丈夫、次は出来るよ!」

不思議ですね。ゆかり先生の声は聞き慣れているはずなのに、『もっと深く』の声で全身が痺れたような感覚で、知らない人に言われたような気持ちがしました。

このところ自分と向き合う戦い(敢えて戦いと言いたい)をしていますが、やはりCDを聴いているときもそれがありました。まさに森へ行く扉を開けようとする瞬間に、電話が鳴るのです。めったに鳴らない電話が…
絶対に辞めない。止めない。私は先に進むんだ。誰が邪魔したって変わらない、と強い気持ちを持てました。

ひとつ質問ですが、
地球と一体化の『地球』と言うものが上手くイメージ出来ていないです。地面に、とか地中の根っこ、空に高くという感覚は感じられるのですが。何かアドバイスはいただけますか?

【常世からの返信】

地球をイメージできなくても、何も問題はありません。地面自体が地球ですし、木も、そして空も地球の一部ですので、あえて丸い地球の形を想像したりする必要性は全くないのです。

例えば、おなかの中にいる胎児は、母親の皮膚や髪の毛など直接触れることのできない部分のことはまったくわかりませんよね。でも、ちゃんと母親の中に存在していますし、自分のいる羊水の感覚ならば、わかっています。

地球というイメージも、それと似ていると思ってください。S様はちゃんと地球に存在していますが、直接触れることのできない地球の内部の感覚はわからないし、全体のイメージもしにくいものです。それでいいのです。地面や根っことかの感覚が感じられれば、完璧です!
ご質問のお答えになっておりますでしょうか。
【その後のS様からのお便り】
私、ついに、根を感じることが出来ました!
6、7回聞いたと思います。
土の湿った感じ、少し冷たく、黒い土の、水分をたっぷり含んだ固い土。むせ返るような土の匂いもします。
太い根っこではなく、細かい小さい根の方に感覚が行っていました。土の中にしっかりと根付いた、何本もの根っこです。土の中には虫もいます。もっと向こうへ、もっと深く、もっとこちらにも、とあちこちに根を広げています。
幹の方は温かく、そして手を伸ばしたような枝先の方は陽射しを浴びて熱いくらいです!何で今まで、この根を感じられなかったのでしょう?
不思議な、感触です。まさに、本当に感触が残っています。土に細かい根を張っています。
いったいいつから私はここに立っていたのでしょうか?ずっと前からのような気もするのに、なぜ気づかなかったのでしょうか?また、何度もCDを聞こうと思います。
何だか嬉しくて、またメールしてしまいました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様も、CDを聴いて何かご質問がございましたら、遠慮なくご連絡くださいね。

ブライアン・ワイス博士のワークショップ

前世療法の世界的権威、ブライアン・ワイス博士の大阪ワークショップに参加してきました。写真は、大阪造幣局の通り抜けの桜です。きれいでしたよ~。

ワイス博士は、想像通りとても穏やかで素敵な方で、全身が慈愛の雰囲気に包まれていました。参加者は、400名くらいだったと思います。大阪は暑くて、全身汗だくになりました。化粧もあっというまに全部はげました。

拙著『前世療法でわかったアトランティスとムーの真実』(たま出版)で書いている通り、私はワイス博士の本がきっかけで人生が変わりました。ヒプノセラピストになるまで、私は精神世界関連の本や話を毛嫌いしていた人間で、そうした世界とは一生関わりたくないと思っていました。それなのに、いきなり自分の頭では理解できないことが次々と起きてきました。

動揺しまくる私を見かねた親友が、ワイス博士の本を送ってくれたのです。この本の中ではじめて、ヒプノセラピーやヒプノセラピストやソウルメイトという言葉を知ったのが、2003年のこと。そこから一直線にヒプノセラピストになるべく全力で走り抜けてきました。人生の大きなターニングポイントでした。

ブライアン・ワイス博士と

今回、ワイス博士から学んだことがたくさんあります。ひとつは、ゲシュタルト療法を元にした方法で、自分の病気や症状と対話をしていくというもの。なぜその症状を持っているのか等、症状を理解することで変化が起きる可能性があるそうです。病気・症状と催眠状態で対話をしていくための方法です。

ひとつは、物の持つ記憶を感じるというもの。個人的には、これはぜひ取り入れたいです。国内外の遺跡や、古い硬貨や宝石などのそれを感じることができたら楽しいだろうなぁと思います。

ひとつは、アカシックレコードにたどり着くための、催眠誘導のヒントを得ました。そのヒントから、アカシックレコードへの誘導文言を、イメージしやすい言葉を連ねて作り上げてみようと思っています。

ほかにも学んだことはありますが、こうしたことを少人数のワークショップで共有できたら楽しいと思います。需要があるかどうかはわかりませんが(苦笑)、たとえ参加者がおひとりでも、やってみたいなぁ。

ヒプノセラピストになる前の私からしたら、こんな今の私は想定外でしょうね(笑)。人生とは、ほんとに不可思議です。拙著を書いたころ、私はいきなり全部のチャクラが開いたような状態になり、あとから考えると、アカシックレコードなるものにも常時つながっている状態になっていました。もちろん当時は、アカシックレコードという言葉さえ知りません。そんな無知の人間が、突然意識だけはどこにでも行けてなんでもわかる状態になったのです。恐怖しかありませんでした。人間としての自分が破壊されるという、それまで感じたことのない恐怖です。あのままだったら、確実に気が狂っていたことでしょう。そうした異常な能力を強い意志で拒絶した瞬間、つきものがとれたように、ふっと元の自分に戻ったのです。

しかし、今になって思うと、なんとももったいないことをしたものです(爆)。

ワークショップの会場では、セラピストの村井啓一先生となんと14年ぶり(!)に再会しました。村井先生は、このワークショップの主催者です。私は村井先生が催眠のスクールを開講する前にセラピストになっていましたので、先生の生徒ではありません。セラピストになるためのスクールに通っていた時に、クライアントとして前世療法を受けに行ったのです。当時、先生と私には共通の知人がいて、その方に紹介されたのがきっかけでした。拙著は、このセラピーの記録を文字に起こしたものです。後にも先にも、私がクライアントとしてヒプノセラピーを受けたセラピストは、村井先生だけです。

村井先生「元気そうやねぇ」

私「はい、元気ですぅ」

こんなたわいない会話をして写真を撮りました。充実した2日間でした。

村井啓一先生と

『ヒプノセラピー グラウンディングCD』発売!

ルートシステム ヒプノセラピーCD 販売ショップ、「もりのこだま」がオープンしました!
「もりのこだま」HPはこちら!

『ルートシステム ヒプノセラピー グラウンディングCD』(¥3000・送料別)の販売を開始しました!

[グラウンディング+地球とつながる]ことをコンセプトに制作したルートシステムオリジナルCDです。
[CDの目標]
・しっかりとグラウンディングができること
・ヒプノセラピー独特の世界を感じられること
・あなたが何らかのメッセージを受けとることができること

CDでは、はじめから終わりまで催眠誘導をしていますので、ぜひ暗い静かな部屋で横になってお聴きください。聴いていると、自分よりもけた違いに大きなものから、何かメッセージがやってくることもあるでしょう。

CDの内容詳細につきましては、ルートシステムHPのルートシステム ヒプノセラピー グラウンディングCDをご覧ください。

このCDが、あなたの生活の一助となれたなら、こんなにうれしいことはありません。

ルートシステムHPでは、以下について詳細に説明していますので、ご興味のある方はご一読くださいね。

『ヒプノセラピー グラウンディングCD』の特徴

1.どんなときに聴けばいいの?
2.催眠状態で自分へのメッセージを受けとりたい場合

ヒプノグラウンディングCDの詳細

1.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』を作った理由
2.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』の内容
3.『ヒプノセラピーグラウンディングCD』で地球とつながる意味
4.CDを聴いて、別な存在からメッセージを受けとることもある

グラウンディングとは

1.そもそも、グラウンディングって、何?
2.グラウンディングができている状態とできていない状態との違い
3.グラウンディングができていない状態とは
4.日常生活で使えるグラウンディングの方法
5.前世療法の終わりにグラウンディングをする理由

ヒプノグラウンディングCD、近日発売のお知らせ!

4月7日に、「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」 を発売いたします。

ナレーション録音・ミキシング・ジャケット撮影・デザインともすべてセラピールーム ルートシステムで行ったヒプノCD(CD代金 ¥3000)です。

はじめのうちは、ルートシステムHP経由のご注文になりますが、追ってアマゾンでも購入可能なように手続き中です。
ルートシステムHPからのご注文時には、アマゾン同様にクレジットカードも使用できますので、注文ページが出来上がるまで、いましばらくお待ちくださいね。


以下のようなCDの特徴・説明詳細は、後日アップいたします!

***「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」の特徴***

地に足をつけて生きたい。
催眠状態を感じてみたい。
目に見えない大きな存在を感じてみたい。
自分の原点に戻りたい。

そんなふうに思ったことはありませんか。
しっかりとグラウンディングができつつ、スピリチュアルな世界も体験できるように作成したのが、「ルートシステム ヒプノグラウンディングCD」です。

・どんなときに聴けばいいの?
・そもそも、グラウンディングって、何?
・グラウンディングができている状態とできていない状態との違い
・グラウンディングができていない状態とは
・日常生活で使えるグラウンディングの方法
・ヒプノグラウンディングCDを作った理由
・ヒプノグラウンディングCDで地球とつながる意味
・CDを聴いて、目に見えない存在からメッセージを受けとることもあるし、前世の自分からメッセージがやってくることもある
・前世療法の終わりにグラウンディングが必要な理由

ソウルメイトについてのコラム、アップしました!

HPのコラムに使用した写真は、世界遺産、京都の下鴨神社です。本当に清浄な、気持ちのいい神社です。
境内にはせせらぎがあちらこちらに流れていて、小さい魚が泳いでいました。美しい神社。
DSCF0272.jpg
DSCF0251.jpg
DSCF0242.jpg
境内の茶屋で、140年ぶりに復元したという「申餅」を頂きました。
上品でやわらかくて、美味でした。器もおしゃれ。
DSCF0317.jpg
DSCF0302.jpg
下鴨神社は、みたらし団子発祥の地でもあります。というわけで、境内を出てすぐのところにある「加茂みたらし茶屋」へ。
ふだん食べるみたらし団子の半分の大きさしかない上品さ。あんは、さらっとしていて、お餅は焼き餅のいい香りです。わらび餅も美味。私は少食ではないですが(笑)、少食の人でも団子だけでおなか一杯になるという心配はいらないと思います。
DSCF0335.jpg
IMG_1454.jpg

八ヶ岳でモデル

昨日、画家で友人の中嶋しい画伯とのツーショット写真を、ここ八ヶ岳の森で撮影していただきました。そう、モデルをしたのですよ(一度言ってみたかった 笑)。
中嶋しいさんの前世療法のことはこのブログでも何度か書いているのでご存知とは思いますが、いよいよ、しいさんがその前世療法の体験をご自身の作品集として刊行されるそうです。年内刊行とのことですので、是非楽しみにしていてください。画家さんが前世療法で見、感じ、聞いたこと等を作品と文章で表現されるのは、滅多にないことだと思います。私も、すごーく楽しみです。ありがたいことに、その作品集に常世との写真を挟みたいとのことで、今回の撮影会に至ったのです。
問題は、衣装と化粧・・・・・・・。私の知る限り、しいさんもほとんどお化粧をしない人のようなので、前日、野辺山までしいさんをお迎えに行った時はじめてしいさんがお化粧しているのを見た気がして驚き(ごめん!)、とりあえず聞いてみたくなりました。
「・・・・・私たち、明日もお化粧するって、知ってた?」
返事があったのかなかったのかは覚えていませんが、不安そうだった気がします。つまり、お互いにお化粧では頼れないことの確認となりました。
衣装も、普段着慣れない女性的なスカートを選定(というか、選ぶほどない)したため、それに合わせるべく、撮影前日の夜にはこれまでしたことのないほど丁寧に髪の毛を乾かして寝たにもかかわらず、朝起きたら、頭がありえない形に変形していて、ぼーぜん。それを見たしいさんに思い切り笑われました。そして、当のしいさんも、私ほどの変形はなかったものの、私にはなんとなく、まとめた毛先が豚のしっぽに見えた・・・・・。
この、ありえへんはじまりに、慣れないことをすると地獄を招くことが身にしみたため、化粧は普段のままでいこう、と励まし合いました。
撮影は、写真家の松村誠さんと、友人で音楽家(今回はフォトコーディネーターとして)の山本晴美さんにお願いしました。約1時間の撮影でした。誠さんも晴美さんも明るくて面白くて、そのおふたりのやりとりを見ているのがとても楽しかったです。
「しいさん、カメラ睨まない!」
「ゆかりさん、右手右足一緒に出てる!」
こんなアドバイスを受けつつ、しいさんも私もモデルは大変だとイヤというほど実感し、汗だくになりましたが、プロのカメラマンさんの撮ってくれた写真が、どんなふうに仕上がってくるのか、とても楽しみです。
しいさんがご自身のブログで撮影風景等を書いてくださっています。読むと吹き出して笑うと思いますので、気をつけて。
DSCF9476.jpg

コラム、【依存症から抜けたい。そのヒントはどこに?】

先月から書きついでいるヒプノセラピストコラム、第2話をアップしました。
今回は、【依存症から抜けたい。そのヒントはどこに?】です。(ルートシステムHP内に移動します)
次回は、みなさまお待ちかねのソウルメイトのお話です。アップ予定は八月中です♪
暑いので、京都の有名なかき氷屋さん、[梅園 河原町店]の黒糖白玉+きなこ+黒寒天+バニラアイスのかき氷と、宇治金時白玉+抹茶アイスの写真をつけました(笑)
06-01-16-16-23-IMG_4572.jpg
IMG_7158.jpg
ついでにメニューはこちら(笑)
IMG_4200.jpg