日記

天国と死後の世界

映画『天国は、ほんとうにある』を観ました。ニューヨークタイムズのベストセラーが原作のこの映画は、ある一家にほんとうに起きた出来事だそうです。生死をさまよった3歳のコルトンくんが、その間に見てきた世界を話したことで、コルトンくんの家族はもちろんのこと、周囲の人々の心に大きな波紋がひろがっていきます。とりわけ牧師をしているコルトンくんのお父さんは、信仰と現実と疑念の間で葛藤します。

このブログを読んでくださっているあなたがどう感じるかはわかりませんが、わたしは、コルトンくんの語る世界に素直に共感しています。この作品で描かれる天国同様、わたしのイメージする天国という場所も、この世とあまり変わりないけれど、この世よりも整然として美しいところなのです。わたしは霊能者ではなく、特別な能力もありません。が、以前、亡くなった愛犬たちに自己催眠で会いにいったとき、彼らが見せてくれた死後の世界も、そして亡き父が夢に出てきて教えてくれた死後の世界も、森などの自然があり、空があり、建物があり、という場所でした。

コルトンくんは、天国にいる人はみんな若い、といいます。これもその通りだと思います。わたしの愛犬も、亡父も、若い姿で目の裏に現れましたし、当セラピールームで、亡くなった方に会う催眠をうけた方なら、催眠中に現れたその方が若く元気な姿に戻っていたことを実感できたと思います。わたしが、個人的な経験とヒプノセラピストとしての経験から言えるのは、人は死ぬと、例外なく、その人がいちばん元気だったころの姿に戻る、ということなのです。

大事な人が苦しい表情のまま亡くなっていくのを目の当たりにしたために、その苦しみにゆがんだ表情しか思い出せなくなっている方もいると思います。もしあなたがそうなら、亡くなったその方は、いまは天国で元気な若い姿に戻っているはずです。どうか安心してください。

一方、亡くなったのがちいさいお子さんの場合は、催眠で誘導すると、成長した姿で現れてくれる場合があります。赤ちゃんで亡くなったのに、高校生に成長した姿を見せてくれたりするのです。ふしぎですね。コルトンくんも、天国で、成長した亡きおねえさんに会っています。

この映画では、コルトンくんのほかにも、コルトンくんと似た経験をした子供が出てきます。その女の子が描くイエス・キリストの顔は、とても若くハンサムです。コルトンくんも、その若いキリストと会っています。一見して、容姿にもカリスマ性があります。十字架にかけられたキリストの弱弱しい風貌とはまるで異なります。そのため女の子の描くイエス・キリストと、十字架のイエス・キリストとは別人のように感じますが、わたしには、若いキリストの風貌のほうがしっくりきますし、一回見ただけで脳裏に刻み込まれて忘れません。なにより、この女の子の絵がすばらしいのです。

八ヶ岳イエロー

先週の台風で、こちらの紅葉はだいぶ散ってしまいましたが、残っている紅葉をパートナーが空撮しました。「八ヶ岳イエロー」と呼ばれているカラ松の美しい紅葉です。こうしてみると、なんと雄大なことでしょう。そして、セラピールームはこんな広大な森の一角にあります。嘘みたいですね(笑)。
鳥になったら、こんな景色が見えるんですね。いいなぁ。鳥になりたい。

たまごたけ♪ タマゴタケ♪ 美味なキノコ

キノコの季節がやって参りました。うちの庭にもキノコが生えてきて、うれしくなります。その上、見た目も完璧なフォルムで味も抜群といわれるタマゴタケも生えてきたのです。これは食べてみないと。好奇心がうずきました。というわけで、やはりタマゴタケを食べるのがはじめてという相棒を道連れに、生まれて初めて、タマゴタケを食べました。

この生え方。タマゴタケ、という名前の由来がわかります。

一日でこんなにも成長しました。

 

バターで炒めて、お醤油をジュワッ~とかけて。

歯触りさくさくで、味は上品。旨みもしっかり詰まったキノコでした!

※ふだんの料理や生活に関することをちまちま書いている趣味ブログは、「運命は暮らしかたでかわると思う。」です。気が向いたら、覗いてもらえるとうれしいです。

みそ煮込みうどん 名古屋

8月に引き続き、9月11日にも名古屋でセラピーをいたします。ご希望の方は、ルートシステムからお申し込みくださいね。

先月の名古屋セラピー終了後、みそ煮込みうどんを食べに行きました。一年ほど前に、友人に連れて行ってもらった「山本屋本店」で食べたみそ煮こみうどんがとっても美味だったので、また食べたくなったのです。
八丁みそがよくからむ堅めの麺がやみつきになります。以来、うちでもみそ煮込みうどんを作るときは、このお店のマネをして八丁みそ仕立てにし、麺には、こちらのスーパーで普通に売っているほうとう麺をやや堅めに煮込むようになりました(笑)。

なんと、うどんについてくるこのお漬け物はおかわり自由。つけもの好きにはうれしいです。紫タマネギのスライスをショウガとお醤油で食べるのもさわやかで美味しかったですよ~。

来月もまた食べにいこうかな。

秋 はじまる

ここ標高1500mでは、初秋の風景が見られるようになりました。里はまだまだ暑さが厳しいと思いますが、これからこちらへ見えるクライアント様は、薄手の上着をご持参くださいね。半そでだけでは部屋の中は寒く感じます。本日の外気温は23.3度。室温は21度です。
里からのぼってくると、天国に感じるようですよ。

南極の氷が溶ける

数年前の話である。知人の先祖代々のお墓が洪水で跡形もなく流された、という話を耳にした。自分の入るお墓をこれからどうしよう、と、途方に暮れていた。
これは特別なことではなくなる、と感じた記事が、昨日発売の『日経ナショナルジオグラフィック』に載っていた。跡継ぎがいなくてお墓がなくなる、という日はもう来ていると思うが、2100年までには、お墓どころか、住む場所さえなくなるかもしれない。

記事によると、こうである。
西南極に、パインアイランド棚氷という広大な棚氷がある。この棚氷は、アムンゼン海に注ぐ大規模な氷河のひとつ、パインアイランド氷河の末端が海に張り出して浮かんでいる部分だという。

(以下に、記事をわかりやすくするために順序を変え、抜粋しつつ、記事を転載する)

西南極氷床と呼ばれるその氷は、面積がフランスの国土のおよそ2倍、厚さは最高で3000メートルを超える。氷が海面下にも分布しているため、西南極氷床は海水温上昇の影響を受けやすい。棚氷が崩壊し、西南極の氷がすべて海に流出すれば、世界の海水面は平均3.3メートル上昇し、世界各地で沿岸部が水没することになる。

パインアイランド棚氷からは、2015年から2016年にかけて面積580平方キロの氷山が分離して、アムンゼン海に流れ出た。この海域の水温は過去数十年に0.5℃余り上昇し、氷が解けて崩落する速さは4倍になった。

パインアイランド棚氷は大半が厚さ400メートルほどだが、1994~2012年の間に平均45メートルも薄くなった。それ以上に気になるのは隣のスウェイツ氷河で、この氷河が崩壊すれば、西南極氷床の大半が不安定な状態に陥るとみられている。

「これらは地球上で最も急速に後退している氷河です」と、NASA(米航空宇宙局)のジェット推進研究所の雪氷学者エリック・リノーは話す。リノーによると、西南極氷床の崩壊はもはや避けられないという。問題は崩壊がいつ起きるか、それに備える時間が人類に残されているかどうかだ。

温暖化の影響が最も顕著に表れているのは、南極半島だ。北から流れ込む暖かい空気と海水の影響をもろに受け、半島西側の年間の平均気温は1950年と比べて2.5℃近く上昇した。温暖化のペースは世界のほかの地域より数倍も速い。冬の気温はなんと5℃も上昇した。かつては1年のうち7カ月は海面が氷に閉ざされていたが、今や海氷ができるのはわずか4カ月しかない。

今のところ最も信頼できる予測では、南極の氷の融解により、2100年までに海面が1メートル余り上昇する可能性があるとされている。温室効果ガスの排出削減がどの程度進むかにもよるが、グリーンランドの氷や世界各地の氷河の融解を加えると、2100年までに海面は1~2メートル上昇すると考えられる。
(『日経ナショナルグラフィック 2017年7月号』より抜粋)

景気がいい、と新聞等では書かれているが、実感している層は、ごくわずかではないだろうか。人口減と社会保障費の増大で、私たち現役世代はもとより、若い人たちの多くはさらに苦しい生活を強いられ、貯蓄もできないだろう。医療費増大で国民皆保険制度は大なたをふるわない限り、近い将来崩壊すると私は思う。

私には子供はいないけれど、子供がいたり、孫がいたり、これから子供を持つ人たちは、こうした社会的環境のほかに、上記のような地球環境が待ち受けているとなると、未来に対する不安はもっと大きいのではないだろうか。

日本の国土はどうなるのか。世界はどうなるのだろう。暗澹たる気持ちになる。

1600万分の1の幸せ  6つ葉クローバー

(お知らせ)
このブログのアドレスは、http://cafe.rootsystem.jp/ です。
旧アドレスhttp://rootsystem.life/から引っ越しました。旧アドレスにアクセスするとこちらへジャンプしますが、お手数ですが、ブックマークの変更がまだの方は、ブックマークの変更をお願いいたします。再三の引っ越しのため、お手数をおかけして申し訳ございません。

庭で六葉のクローバーを見つけました。調べたら、クローバーが六つ葉になる確率は1600万分の1だそう。花言葉は、「地位」「名声」だそうです。この写真を通して六葉のクローバーを皆様とシェアさせてくださいね。幸運が訪れますように。 

幸せといえば、うちに住んでいる子リスの無防備な寝姿が撮れました。野生の二ホンリスの子リスが、こんなにだらしなく寝ている絵はなかなか珍しいのではないかと思います。なんともかわいらしくて思わず頬がゆるんでしまいます。幸せそうな野生の子リスの寝相です、こちらもシェアさせてくださいね。

時系列がわかるように、その3から。個人的には、その4がいちばんおもしろいです(*^^*)

【ぐでーん】野生ニホンリスの子リスのお昼寝 その3

【ぐでーん&ぐでーん】野生ニホンリスの子リスのお昼寝 その4