東日本大震災・福島

東日本大震災後、100日

東日本大震災後、を、すぐ隣に感じた人も多いのではないか。被災地の状況を見聞きする毎に、それまで遠くにあって気配すら感じたことのなかったというものの温度を、皮膚感覚で覚えた人もいるだろう。は、いつのまにか、ぴたりと自分の横に座っているものなのだ、と。

 

5月に被災地へ伺ったとき、たくさん写真を撮ってきた。町も、人の営みも、地震と津波でぐしゃぐしゃに破壊され、海から離れた山際まで、見渡すかぎり一面、押し流されてきた瓦礫ばかり累々と横たわっていた。
現地にいる間は、そうした写真をブログにアップしようと、いや、現地へ行った者の責任として、アップしなければならないのではないかと考えていた。が、盛岡で出会った釜石出身のある女性の一言で、気持ちは変わった。

「釜石には、まだ帰っていないんです。見るのが怖い」

故郷が破壊された光景は見たくない。見たら心も壊れそうになる。それが被災地の方の気持ちなのだ。私も郷里の福島で、余震が来たら今にも崩壊しそうな建物群を見たとき同じ思いを持った。

 

岩手の海は、陽を受けて穏やかにきらめいていた。静かな海面と向き合い、浜の一隅にお線香を立てて、亡くなられた方に手を合わせた。足元には、細かく砕けた瓦礫やボロボロの布切れが散乱していた。
被災地へ伺いたかった最大の理由は、どうしても、亡くなられた方に手を合わせてきたかったからだ。そこで暮らしている方から、メディアでは伝えられていない悲惨な状況を聞くと、胸を詰まらせながら合掌することしかできない悔しさも同時に覚えた。
合掌の向こうには、春の海が青く沈黙し広がっていた。

 

私の故郷は福島県の内陸部にある。今も家族はそこで暮らしている。幸い家屋自体に大きな損傷はなかったが、地震直後に撮ったという室内の写真を見ると、凄まじい荒れ方だった。東京の友人が貸してくれたガイガーカウンターで、庭のあちらこちらや、部屋の中の放射線量を計測して回った。自治体が発表している数値よりもやや低めだったが、それでも、庭の空間線量は、だいたい0.91.5マイクロシーベルト/毎時。庭土は、1.322.6マイクロシーベルト/毎時。室内は平均して0.07マイクロシーベルト/毎時だった。(いずれも、512日~16日の間)

 

庭には様々な果実の木が植えられており、狭いが家庭菜園もある。生ゴミで肥料を作り、有機栽培の果実と野菜を育て、収穫して食するのが年老いた家族の趣味でもあり楽しみだった。
何十年も大切にしてきたその楽しみは、放射能によって悲しみに変わった。私が行ったとき、庭ではライラックやブルーベリーの花が美しく咲いていた。それを手折って室内に生けることさえもできない。
梅の実が青々となっても、柿が艶やかに色づいても、唇をかみしめて見上げるだけだ。放射能が降るとは、そういうことなのだ。

福島県内では、農家や酪農家の自殺者も出ている。どれほどの苦しみか・・・。

 

それでも、福島の家族、友人、出会ったクライアント様から、私はたくさん励まされ、勇気をもらった。誰も経験したことのない逆境にいるはずの彼らの、笑顔の強さと他人に対する思いやりを、心の底から感じたからだ。人間という存在を誇りに思う、という感覚をはじめて覚えた気がする。

日本のどこかで、次の大地震が迫っている今、福島を対岸の火事と捉えている人は、もはやいないだろう。いたとしたら、よほどおめでたいか、想像力が欠如しているかだ。

 

震災後、八ヶ岳にセラピーに見える方の相談内容には、ひとつの方向性が顕著だ。

被災地から遠く離れた場所で暮らすクライアント様も、「これからどう生きていけばよいのか」という命題を突きつけられたという。震災によって、を身近に感じたせいだろう。

 

死ぬとき、いや、死んでから、あなたはどんなことを思うのか。前世療法の中では、死んでからどんな後悔をしたかを本人に尋ねる。すると、遺してきた家族の心配や、もっと勇気を出して「~すれば良かった」というように、身近な後悔・心配がほとんどだ。それが本当に大切なことだからだ。

生きていくのに大切にしなければならないことは、本当は、少ない。

クライアント様は、それが今世では何なのかを、自分の心としっかり対峙しなければならない必要性を感じているのだろう。

 

東日本大震災と福島県

東日本大震災のことで、何かを書こうとしても、失われた命のあまりの多さや今も刻々と積み重なり続ける放射能汚染という大きな現実を前にすると、どんな言葉も薄っぺらい虚飾のように感じられて、何も書けなかった。
放射性物質の垂れ流し状態を、心配ないレベルと言う専門家はテレビに出るが、危険と言う専門家はテレビでは見かけない。危険という意見はネットで読めるだけだ。どちらが虚でどちらが実なのか。

http://takedanet.com/
 (武田邦彦 中部大学)
より引用する。

「・・・1年間に1ミリシーベルトという数字です。この数字は国際委員会や日本の法律等で定められているものですから、基本的にはこの数字が一つの指標になります。
この数字を少し超す場所(5ミリ)は「管理区域」という名前で普通のところ特別されて標識が立ち、そこに人が入ってはいけないというわけではないのですが、被曝する放射線量を測り、健康診断をするという必要が生じてきます。
つまり絶対に病気になるということはないけれども、注意をしなければならないということを意味しています。管理区域は1時間あたり0.6マイクロですから、現在、福島県東部(郡山を含み、会津若松を除く)、茨城県北部などは確実にこの管理区域に入ります。従って、政府のいうように直ちに健康に影響はありませんが、やはり被爆する線量を測定したり、健康診断をして注意をするという必要があるところです。
また、教育委員会や市役所等は、政府がいくら安全だと言っても、政府と独立しているのですから、法律的に管理区域に指定しなければならない状態のときには法律に従う必要があるとわたくしは考えています。
具体的には、1時間に0.6マイクロを越えるところは、学校でも市の一部でも責任者が「管理区域」に設定するべきです」

 
情報を整理するにつれて、福島県民はかつてない人体実験にさらされているのではないかという怒りにも似た不安を、私はどうしても払うことができないでいる。それでも、私の家族もそうだが、福島県から離れたくない大きな理由は、そこが地球中でただひとつの、故郷だからだ。ふるさとで暮らしたい、ふるさとを守りたいと思わない人はいないだろう。

今回の震災後、ずっと、自分には何ができるのかを考えてきた。まだ、考えがうまくまとまらない。ふるさとの福島県に、東北に、気持ちは引っ張られている。目の前で家族や友人が波にのまれるのを見た方たちは、生き残った自分を責めるだろう。共に暮らした犬や猫を失った方たちは、どんな思いでいるのか。察するだけでも、胸が痛い。
今月半ばには、福島まで東北新幹線が復旧するらしい。すると、私の居る場所からは小海線と長野新幹線を乗り継いで4時間程度で戻れる。今月中に東北新幹線全体の復旧も見込まれている。
私にできるのは、セラピーしかない。特に、大切な家族や友人や動物を失った方々へのグリーフセラピー(死者の方に会いに行く)は必要になるだろう。ボランティアか格安でする場合、セラピー場所は?  活動資金はどうする? と悩んでいる。よく考えた上で、東北で、できれば郡山を拠点にして継続した活動をしていきたい。

福島県出身のミュージシャンとクリエイターのバンド「猪苗代湖ズ」による福島応援歌だ。見ていたら涙が出た。
http://bit.ly/fJsNfq 

うつくしま 福島

今回の震災の後、約30年ぶりに連絡をくれた友人がいます。よく覚えていてくれました・・・。地震も原発事故も続いていて自分も大変なはずなのに、私の家族のことを気遣ってくれるメールでした。
いま彼は、「郡山コミュニティFM放送 ココラジ」のスタッフをしていて、元気にがんばっていることも知らせてくれました。とてもうれしかった・・・。
郡山コミュニティFM放送 ココラジ
http://www.kocofm.jp/
彼からの情報で、故郷のみんなが頑張っている様子もわかりました。
http://twitter.com/log_koriyama
http://log-koriyama.com/
http://twitter.com/search#search?q=%23koriyama
福島県人に生まれたことを誇りに思います。

正確な情報を得てください

原発災害に関して、ネット上はもとより、身近な人たちの間にも流言が流れています。専門機関の発する正確な情報に従いましょう。
放射線医学総合研究所
http://www.nirs.go.jp/index.shtml
福島県内にいる家人からのメールによると、報道の通り、被災地には特にガソリンがありません。ゴミ収集車も、ガソリンがないので収集をやめています。郵便も郵便配達車のガソリンがないため、配達されていないようです。つまり倒壊を免れた家で震災後の生活をする人にも、物資は何も届かないため、何も送ることができないのです。加えて、放射能の恐怖もあります。でも、家族は、「大丈夫だから」とメールしてきます。
田舎は、車がないと移動できません。スーパーが開いても、車がないと行けません。
東京に住む友人の話では、東京のスーパーでは、まるでオイルショック時のような買い占めが起きているとのこと。ガソリンスタンドにもマイカーの長蛇の列だとか。東京は被災していません。電車もあります。なのに、集団不安心理からでしょう、こんな殺伐とした状況も起きています。被災地でもない東京の方が、パニックを起こしているように見えます。
東北の冬は、東京の冬の何倍も寒いのです。そんな中、自宅や家族を失くしても助け合っている被災者の方々、危険を承知でこれ以上の原発事故が進まないように手を尽くしている方々、懸命に救助にあたっている方々が本当にたくさんいます。同じ日本人なら、自分のどんな行動が彼らを追いつめるのか、どうすれば苦しんでいる人の助けになるのか、想像してほしいです。