すべての記事

産経新聞「朝の詩」に掲載されました

昨夜初雪が降りました。が、夜には雨に変わったため、雪はすっかりなくなりました。
雪景色が見られなくてちょっとがっかりしていたのですが、今朝の新聞を見て、ころっと気分が変わりました。
今日の産経新聞「朝の詩」に、詩が載っていたのです! ばんざい(笑)。

詩を発表できる媒体は?  産経新聞「朝の詩」

7月ごろから、(なんとなく詩を書いてみたいなぁ)、(でも書いたとして、発表できる場所はあるのかなぁ)と思うようになり、発表できそうな媒体を探したところ、産経新聞の「朝の詩」コーナーを見つけました。このコーナーは、過去に、詩集『くじけないで』等を発表した詩人の柴田トヨさんらを輩出している歴史あるコーナーだということも、はじめて知りました。

新聞のトップに掲載されたら、がぜん創作モチベーションが上がりますよね。詩作が楽しくなるのはまちがいないです。
産経新聞は今までとったことがなかったのですが、この「朝の詩」にどんな詩が載っているのか読みたくて、7月に日本経済新聞から早速鞍替えしました(笑)。

毎日毎日読む「朝の詩」は、さすがにいい詩ぱかりでした。80代、90代の大先輩方のみずみずしい詩に圧倒されたり、同年代の方の詩に感心したりと、毎朝の楽しみになっていました。私も触発されて、2作送りましたが、ボツでした。が、3作目で掲載して頂いたのです!

産経新聞「朝の詩」、掲載までかかる日数は?  2ヶ月半強

投函したものの、はたして自分の詩に目を通してもらえているのか、誰もが不安になると思います。私もそうでした。なにせ膨大な量の詩が送られてくるはずですから。でも、今回のことで、私のいるこんなド田舎から投函しても、ちゃんと目を通してもらえていることがはっきりしました!
詩を投函したのが、9月24日なので、新聞掲載まで2カ月半強かかったことになります。
「朝の詩」に掲載されるまでにはけっこう時間がかかるということですね。同じ趣味を持っている方、だいたいの目安にしてくださいませ。
どの媒体でもそうですが、自分の書いたものが活字になると、ほんとうにうれしいものです。今回のことで、詩作だけにかぎらず、創作意欲を持ち続けられそうです。

ハイヤーセルフとつながる方法

今年も残り少なくなってきました。老化のせいで、年々時間が過ぎるのが早く感じられます(悲)。
先日、所用で松本へ行った折に、松本の駅ビル内で2019年版手帳を買ってきました。ふだんと違う場所で手帳を買う、その行為だけでも、新鮮な気分になれるものです。手帳購入と同時に、今年はどんな年だったろうかと、過去を振り返る機会も増えてきました。

さて、ハイヤーセルフとつながりたい、ハイヤーセルフに会ってメッセージを受け取りたいと望んでいる方は多いのではないでしょうか。
セラピストなど他人の手を借りずに、自分の力でハイヤーセルフにつながることができたなら、費用と時間の節約にもなりますし、心強いと思いませんか。

手前みそですが、ルートシステム「グラウンディングCD」は、自己催眠用「ハイヤーセルフ誘導CD」としても活用することができます。その方法詳細は、以下のルートシステムリンクからご一読ください。

歳末と新年が近づくにつれて、忘年会や新年会など、人と一緒に時間を過ごす日が多くなってくると思います。けれど、いっときでも、自分のために独りで自分と向き合う時間も作ってあげてください。
ゆく年と来る年が交錯するこの時期だからこそ、しっかりと自分の潜在意識からのメッセージを受けとめてあげてほしいのです。

ハイヤーセルフにつながりたいと願うことで、一枚のCDが、あなたをハイヤーセルフへ誘導してくれるでしょう。

直営ショップ「もりのこだま」では、ただいま期間限定でセール開催中です。 CDご購入と同時に、ダウンロードできる特典もつけました!(アマゾン経由のご購入には、ダウンロード特典はありません) CDプレーヤーをお持ちでない方も、この機会にぜひどうぞ。

「ヒプノグラウンディングCD」を活用して、ハイヤーセルフと繋がる方法

甲府でヒプノセラピー(催眠療法)開始

朗報!! 冬季期間中(12月~3月)は、甲府で対面ヒプノセラピー

今年の11月30日をもちまして、八ヶ岳にあるセラピールーム「ルートシステム」内での対面セラピーを終了いたします。
ルートシステム再開は、来年の雪解け後です。

電話セラピーは年間を通してご予約可能

セラピールームが閉じている間でも、常世のセラピーを一度以上受けた方限定ではありますが、電話ヒプノセラピーのご予約は承っております。電話でヒプノを受けたい方は、ぜひご検討くださいね。

甲府でヒプノセラピー、開始します!

そして、冬季期間でも対面セラピーを受けたい方に朗報です!!
この度、冬季に対面セラピーを受けられる場所を新たに追加いたしました!!
山梨県甲府市のビジネスホテル(デイユースプランを利用)内です。

セラピー施療の予定ホテルは、

アパホテル<甲府南>(中央自動車道甲府南インターから車で5分、駐車場完備)です。
電車でいらっしゃる場合は、JR中央線の甲府駅からタクシーで約10分です。

冬季に甲府でセラピーをしようと思った理由は、ただひとつです。
八ヶ岳にいらしてくださったクライアント様が、
「冬の間、ここは閉じちゃうんですよね・・・・・・」
と、がっかりするのを見るたびに、私はどんどん申し訳ない気持ちになっていきました。
それで、冬季でもセラピーにいらしていただける場所を探しました。
八ヶ岳のセラピールームが閉じている間は、甲府でヒプノセラピー施療を継続いたしますので、どうぞご利用ください。

以下は、甲府ヒプノセラピー施療の詳細です。
ご希望の方は、ルートシステムHPからどうぞお気軽にお申込みくださいませ!
ホテルの空き状況によりますので、ご希望の日を第2希望までお知らせくださいね。

甲府でヒプノセラピーの詳細(女性限定)

・予定セラピー場所・・・ アパホテル<甲府南>
・セラピー時間・・・ 11時30分~16時30分(約5時間たっぷりあります)
・セラピー料金(名古屋、福島と同料金)・・・ 初回の方 25000円(税込み)
                      2回目以降の方 24000円(税込み)

 

最近はまっていること

もう、葉っぱがほとんど落ちてしまいました。庭も道路も、いちめん落ち葉に覆われています。気温は昼間でも10度を下回るようになりました。朝晩、零度以下になるのも、まもなくでしょう。
森に棲んでいると、いちばん身近な動物というのは、人ではなく野鳥です(笑)。冬になるにつれて、渡り鳥もやってきて、野鳥の種類が増えます。葉っぱがなくなって見通しがよくなるので、これからは、バードウォッチングに最適の季節です。
野鳥は純粋にかわいいです。ほんとに。
このところはまっているのは、手にもったお皿に野鳥が来てくれることです。本当はいけないのかもしれませんが、これからの厳しい季節を共に同じ森で生活していく仲間のような親近感があるので、一度お皿に来てくれると、うれしくてかわいくて、ついつい、こんなことをやってしまいます。

特に人なつっこいのは、コガラという小さな鳥です。
これから寒くなるけれど、がんばって生きていこうね、とテレパシーで話しかけるのです(笑)。

アカシックレコード・ヒプノセラピー体験談(H.H. 様)

先日お越しくださったH.H.様から、アカシックレコード・ヒプノセラピーのご感想をいただきました。
H.H.様のご快諾の上、ここにシェアさせていただきます。
H.H.様、貴重な体験談を寄せてくださって本当にありがとうございます。
アカシックレコード・ヒプノセラピーで現れる世界とはいったいどんなふうなのか、H.H.様の体験談を読んでいただくと想像しやすいのではないかと思います。もちろん人によってまちまちですが、通常の催眠で経験する世界とは明らかに一線を画していることがおわかりいただけるのではないでしょうか。
アカシックレコード・ヒプノセラピーの詳細は、ルートシステムHPからご確認くださいね。

【H.H.様 アカシックレコード・ヒプノセラピー体験談】

先日は大変お世話になりました。とても不思議な体験でしたので、忘れないうちにと思い、箇条書きですがまとめてみました。セラピー後には、頭がぼうっとして、うまく言葉でお伝えできなかったため、このメールでせめて私が体験した情景をお伝えできればと思います。
先生の誘導で、日常の生活では体験不可能な無限の世界を体験できたこと、本当に感謝しております。ネガティブモードに入りやすい私ですが(苦笑)、これからはセラピーで教えてもらったように、ポジティブでいることを心がけていこうと思っています。

・沈んでいった後草原にふわりと落ちた。多分、地底世界なんだろうと思う。真っ白な空に緑の草原の世界が広がっていた。
・巨大な建物が見えてくる。3〜4階建て程度の高さ、円形か、6角形の平面をしている。クラシカルな建物
・入口は、高さ3〜4mはありそうな大きな両開きの扉。上部がアーチ状になっている。
・中に入ると、教会のように奥に伸びた空間。左右に列柱が見えている。天井は多分10m以上あり、アーチ状になっている。
・側面はすべて本棚になっていて、上の方に明かりとりの窓が開いている。
・自分の本は、壁面に開いた窓の下の本棚にあった。自分のコーナーがあった。2段の本棚。側板にアールがついている。前世の本も今世のもあった。
・今世の本をとる。真っ白な表紙に、歯車のような幾何学模様が中央に描かれている。金箔押し。ローマ字で自分の名前、その下に1973-2055という数字が見えたので、たぶん2055年まで生きられると言うことだと思う。
・ページをめくると、複雑な図形が見えてきて、その図形の計算によって今世のこの場所にたどり着いたことがわかる。
・今世の目的を調べていくと、大きな歯車が見えてくる。生きてカチリと歯車を動かすことで、宇宙全体が動く、それが目的。
・よくわからないので掘り下げていくと、ポジティブな感情、うれしいこと、幸せな感情を感じながら人生を送ることが、歯車を動かすエネルギーとなり、ひいては宇宙全体が動くエネルギーとなる。その一躍を担うことが人生の目的のひとつ。
・悲しい事があったときは、できるだけ早くそれを流して、ポジティブなエネルギーをまた発することが必要。ポジティブな事象は無限大だが、ネガティブな事象は有限で終わりがあり、ちいさなもの。ポジティブなものとは全く異なるので、切り離して、終わらせることができる。
・ポジティブな感情を持って生きて、宇宙が動いていることを感じるのが今世するべきこと。
・宇宙が動いていることを感じられるのは夜。夜、地球や宇宙全体が、自分のポジティブなエネルギーによってゴゴゴと動いているのを感じるとよい。
・現実的な話として、お金については、人間の世界のルールなので、宇宙全体を動かすエネルギーとは関係のないものらしい。ただ、上記のようにポジティブに生きて宇宙全体が動いていく一躍を担うと、自然とお金がついてくる。もしくは、お金があまり必要のない生き方に移行していく。(印象としては、後者のほうが強い感じ)
・土星という星が、そのポジティブさと宇宙の関係をよく表している。輪を持っている構造が宇宙の仕組みをよく表している。土星が特別というわけではなく、そのような星はいくつもある。

(H.H.様 長野県)