すべての記事

レムリア・アトランティス・ムー等の超古代文明に行く催眠

Unicorn Wallpaper

【超古代文明、レムリア・アトランティス・ムー】

レムリア、アトランティス、ムーということばを聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。いずれも、はるか遠い昔に消滅した伝説の文明とされています。

巷には、こうした伝説の超古代文明に関するさまざまな情報が溢れています。しかし、先史時代のことですので、実在したのかどうかさえ、謎のままです。真実を知っている人は誰もいない、というのが真実です。その謎が、私たちの想像力をかきたて、心を惹きつけるのでしょう。

 

【超古代文明に生きた過去生があったとしたら】

もし、こうした伝説の超古代文明が本当に存在していた時代があったとしたら、そこにはどんな風景が広がっていたのでしょう。どんな服装の人々がどんな暮らしをしていたのでしょうか。

そして、もしもあなたが、遠い過去生でそこに生きていたならば、当時の情報記憶を探りたいと思ったことはないでしょうか。

そうした好奇心をお持ちの方のために、超古代文明に誘導を試みる前世療法を開始いたしました。

レムリア・アトランティス・ムーと限定せずに、「超古代文明」とする理由は、超古代文明がレムリアやアトランティスやムーだけではない可能性もあるからです。なにしろ、今、地球上で生きている私たちの誰ひとりとして、当時の真実を知っている人はいないのです。有名な伝説の文明だけでなく、未知の文明があったとしてもふしぎではないでしょう。

ですので、あなたの最も古い過去生に照準を合わせて、催眠誘導をしていきます。あなたが、レムリアなど有名な伝説の文明に生きていた過去生があるのならそこへ行くでしょうし、今のあなたも知らない有史以前の文明に生きていたなら、そこへさかのぼって行くはずです。あなたがどこに行くのかは、誰にもわかりません。あなたの潜在意識のみが知っています。

 

【超古代文明へさかのぼる催眠で重要なことは、学んだ知識を捨てること】

ただ、この催眠をするにあたっては、ひとつだけ、とても重要なお願いがあります。

これまであなたが得てきた伝説の超古代文明に関する知識をぜんぶ捨てた上で、催眠に臨んでほしいのです。

伝説の超古代文明に興味があればあるほど、それに関する情報もたくさん仕入れているのではないかと思います。しかし、これまであなたが学習してきたそうした情報こそが、催眠の大きな妨げになってしまうのです。

知識・先入観を封印するという決意がないと、たとえあなたに超古代文明に生きていた過去生があっても、表面意識にある知識や先入観が潜在意識の邪魔をするため、あったはずの超古代文明の過去生には到達できなくなります。

前世療法では、往々にして、予想外の情景・状況がくり広げられますし、それまで想像もしたことのなかった場所・時代へ行くものです。超古代文明の過去生でも、同様です。

催眠中に、あなたの学んだ知識と食い違う風景や状況が現れてきた場合、あなたは表面意識で、「こんなはずではない」と、現れてきたものたちを否定してかかる可能性が高くなります。いったんそうした状態になると、そこから先へは一歩も進めなくなってしまうのです。

未知の自分を発見するためには、先入観ゃ固定概念から離れることが必要不可欠です。

ですから、これまで得てきた知識で構築された、レムリアとは、アトランティスとは、ムーとは、「こういう世界のはずだ」という先入観を、どうか切り離して臨んでください。

これが、私からの唯一のお願いです。

 

【超古代文明に行く催眠は、前世療法の一環】

このセラピーは、あくまでも前世療法の一環として行います。特にご希望がない場合は、通常の前世療法をさせていただきます。つまり、前世療法のオプションがひとつ増えただけです。

ご希望がございましたら、セラピー当日にお知らせくださいね。

アカシックレコード・ヒプノセラピー

セラピールーム ルートシステムで開始した、アカシックレコードヒプノの詳細について、お問い合わせをいただいております。詳細をHPで公開いたしまた。以下のリンクからご覧ください。
ルートシステム アカシックレコード・ヒプノセラピー(催眠療法)

アカシックレコードにアクセスするヒプノセラピー(催眠療法)

2018年7月より、アカシックレコードにアクセスしてさまざまな情報を得てくるヒプノセラピー(催眠療法)を開始いたしました。

前世療法とは異なるアプローチでご自分のことを知りたい方や、宇宙的なスケールから生き方の道標となる情報を得たい方、アカシックレコードがどんな次元なのかを純粋に知りたい方など動機はいろいろでも、ご自分で未知の世界を冒険してみたい方すべてに向いているヒプノセラピーです。
アカシックレコードに興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

もっと詳しく知りたい方は、ルートシステム アカシックレコード・ヒプノセラピー(催眠療法)をご覧くださいね。

セラピー料金は他の催眠と同じです。

前世療法体験談 K様(長野県)

先日セラピーにお越しくださったK様から、お便りをいただきました。
K様のご快諾の上、みなさまにシェアさせていただきます。
K様、本当にありがとうございました!

長期にわたって、体の具合が悪かったり心の安定が得られなかったりすると、生きるのが苦しくて死ぬことを考えてしまう・・・・・・そんな方はけっして少なくないと思います。警視庁の発表では、2017年の日本の自殺者数は2万1321人です。きっと、そのおひとりおひとりに、解決できなかった心の葛藤と深い絶望があったのではないでしょうか。

K様も、生きることに希望を見出せないおひとりでした。お身体も心も深く傷ついていました。頻繫に起きる酷い頭痛もあり、鎮痛剤や鬱剤、安定剤をとっていました。けれども、一方では、自殺願望を超えていけるように、できるかぎりの努力も重ねていらっしゃったのです。私は、K様にお会いして、純粋に「生きていてほしい」と思いました。生きて、笑顔でいられる瞬間瞬間を少しずつでいいから重ねていってほしい、と心から願いました。

セラピーは、前世療法を主体としました。最初は、いくつかの前世の場面が入り混じり、中にはフランス革命時に火あぶりになった壮絶な場面も現れたので、苦しかったと思います。しかし最終的には、ひとつの穏やかな前世を体験していかれました。
K様、またいつの日かいらしてくださいね。お待ちしています。

【前世療法体験談 K様(長野県)】

先日は、大変に素晴らしい体験をさせて頂きまして…本当にありがとうございました。

後日談をご報告させて頂きたいと思います…
退行催眠がより良く出来る様にと前日から全ての薬を飲まずにおりました。
ちょうどのタイミングで台風が来たので、夕方、家に着く頃には頭痛が始まって、やはりしょーがないなーと、そのまま寝込みました?
頭の中では、ずうっと過去生のフラッシュバックが鮮明に起こっており頭痛もマックスで2度吐いたりと気持ちも悪く…薬は何も飲まず食事も取れず…でも、ただただ生まれ変わるのだ!と云う気持ちが強く治るのを必死に待ちました?
翌日の昼には、頭痛も静かなものになり、トイレにやっとおきました。

フラッシュバックは、まだ鮮明に起こっていました。気分はダルいし精神的にも疲れました…
夜になり…このまま死んでしまうのではないかと云う恐怖に襲われて、パニックになりそうな恐怖に変わってきたので、ヤバイかな?と思い…
おにぎりとヨーグルトを食べて安定剤だけ1粒飲んだら…20分くらいで落ち着き安堵しました。
お風呂に入って体重を計ったら2キロ落ちていましたがすがずがしい気分になりホッとしましたが…寝るとまた朝までフラッシュバックの中にいましたが恐怖感は全くありませんでした。

3日目…昼から起きて食事を普通に取り安定剤だけ服用し…寝たり起きたりを始めました!木のイメージの瞑想も始めました…だんだんとフラッシュバックも薄らいできて1週間でやっと現世の自分に戻った感じです。

それから1週間…酷暑の中ではありますが、エネルギーは上がってきていると感じております。

焦らずじっくりと自分を心身ともに鍛えて…しなやかに楽しんで生きて行きたいと思っております。

長くなりましたが…
心より感謝申し上げます。

(K様 長野県)

アカシックレコードにアクセスする催眠、はじめます

新しい催眠誘導をはじめました。
ひとつは、アカシックレコードにアクセスする催眠。
ひとつは、ムーやアトランティスやレムリアという伝説の時代へ行く催眠。
この2種類の催眠については、近日中にHPにもアップいたします。

今日は、アカシックレコードにアクセスする催眠について、ご紹介します。
この催眠は、「あなたの神話をひもとく旅」です。

自分ではアカシックレコードに行けない、アクセスできないと思いこんでいる方も多いと思います。
ときどき、クライアント様から他人にしてもらったアカシックレコードリーディングやチャネリングの話をお聞きすることがあります。その機会が増えるにつれて、なんとなくその内容に引っ掛かりを感じたり、腑に落ちないと思うことが増えてきました。そのせいで、逆に、「アカシックレコード」と言われるものに興味を持ったのです。それまでは、私は「アカシックレコード? うーん、興味ないなぁ」というタイプでした。
他人からのリーディングやチャネリングの結果がクライアント様に、けっして良い影響を与えていない、むしろ悪影響だと感じるとき、引っ掛かりや腑に落ちない感覚がむくむく頭をもたげてくるようになったのです。

これは、私がヒプノセラピストだから、かもしれません。ヒプノセラピーとは、答えを自分の外に求めるのではなく、自分の内に求めるものです。どんな時でも、その考え方は揺るがないです。

真理の教えはわが心にある、と説く空海密教の考え方があります。私が、空海の、「仏法、遥かにあらず、我が心中にてすなわち近し」(『般若心経秘鍵』より)ということばに惹かれるのは、ヒプノセラピーの考え方と共通しているからです。また、エドガー・ケイシーはこう言っています。

あなた自身をよく分析してごらんなさい。あなたにふりかかる一切の問題の解答はあなたのなかにあるはずですから。なぜなら、肉体的・精神的など一切の属性をもつ人間の霊魂は偉大なる宇宙の大霊の一部だからです。それ故、答えはすべて自己の内部にあるはずなのです。(『転生の秘密』p.417より)

話がそれました(苦笑)。

というわけで、誰でもアカシックレコードを自分で見に行けるようにと、新しい催眠誘導法を作り上げたわけです。アカシックレコードには、自分で行きましょう。他人に見に行ってもらうのではなく、可能なかぎり自分自身で! (しつこい?)

かつての私のように、「アカシックレコードって、何?」と首をかしげる方もいると思いますので、『転生の秘密 エドガー・ケイシー・レポート』(ジナ・サーミナラ著/たま出版, P76)より、抜粋します。

【アカシックレコードとは】

アカシァとはサンスクリットで、その構成が電気的霊的であるところの宇宙の根本的なエーテル的実体のことである。このアカシァの上に宇宙はじまって以来のあらゆる音、光、運動、想念などの記録が印象されたまま消えずに残っているのである。

この記録があるから透視者や占者たちが過去を見ることができるのである。その過去がいかに遠くとも、またそれが普通の人間の知識ではどんなに近づきがたくとも、見えるわけはそこにあるのである。

アカシァ(感光板)は皿のように印象を記録する。これは宇宙の巨大なスナップ用のカメラとも見なされるものである。これらの振動的記録を読む能力はわれわれおのおののなかに生来そなわっている。それはわれわれ諸々の器官の感度に依るのであり、またラジオを正しい波長に合わせるように、正しい意識度と調和させることのなかにあるのである。

エドガー・ケイシーは、催眠状態でそこにチャネルを合わせて、あまたの情報を得てきたと言われています。
拡大解釈すると、催眠状態、すなわち変性意識状態でなら、誰でもアカシックレコードにチャネルを合わせられる可能性があるということです。

で、作りましたよ、催眠でアカシックレコードにアクセスする方法を。
録音した自分の誘導で実際にアカシックレコードへも行ってまいりました。パートナーにも何度か実験台になってもらいました。
アカシックレコードに現れる情報には、文字もありますが、読めない文字で書かれていたりします。見たこともない図形だったり、数字だったり、何かのシンボルのようなものもあります。
アカシックレコードを読むのが難しいと言われる理由には、その人が理解できるもの、知ってもよいものしか現れないからだ、という説があります。たしかに、こうした抽象的なものたちから得られる情報を正確に解釈するには、難しいかもしれません。解釈する人の数だけ、答えの数もあるかもしれません。

けれど、実際にパートナーを催眠誘導し、催眠中に対話をしていくことで、意味不明の図形の断片でしかなかったものが意味を帯び、パートナー自身のことばで語られていきました。私が質問したり、確認したりという双方向の対話によって、さまざまな情報が引き出されていくのです。一見、よくわからない何かの切れ端だったり、無意味のように感じられた抽象的な情報が、対話をしていくことで、はっきりした輪郭を形づくりながら、いつくかの大きな意味をなしていきます。

誘導しながら、私は、まるで暗号化されてそこにしまわれていた彼の神話をひもといているように感じました。彼は、自分がどこからやって来たのか、また、自身のことだけでなく宇宙のしくみに関係することなども、情報として受け取っていました。

そうです、アカシックレコードとは、暗号がちりばめられた場所であり、暗号化された神話のような情報がたくさん収められているところなのです。
もちろん、あなたの神話も、そこに暗号のまま存在しています。見たことのない文字や、デッサンのような図形や、数字の羅列として。

時空を飛び越えて、あなたの神話をひもとく旅ができたなら、すてきだと思いませんか。

日々、楽しんで生きる

今日の日経新聞で、東多江子氏(脚本家)のコラムを読んで、「そうだよなぁ」と合点した方も多くいるのではないかと思います。私もそのひとり。何のことかというと、東氏のお友達のことばです。
「生き甲斐とか、それ、どうしてもなかったらいけんの? 毎日、機嫌良く暮らしとったら、それでいいんやない?」(6月28日付けt『日本経済新聞』より)

機嫌良く暮らせているなら、まちがいなく幸せではないでしょうか。
日常の些細な積み重ねこそが、心の豊かさを作ってくれると思うからです。

とはいえ、他人の成功や、幸せそうな姿が気になって、他人をうらやましく感じたり、妬ましい気持ちになる方もいると思います。そんなときは、どうすればよいと思いますか。
そうした時間は、良いことは何も生み出さない、非生産的な時間です。
私たちは、誰でも生きる時間が限られています。他人を妬んだりする時間は、あなたの大事な時間を、むざむざその他人にあげているのと同じです。もったいないですね。
他人へのどうにもならない嫉妬に時間を費やせば費やすほど、人生はどんどん空虚になっていきます。
人生を無駄にしたくないのなら、こうしたマイナスの感情は、持ったとしても、すぐに捨てて、自分のために時間を使いましょう。あなたがワクワクすることや、楽しいと感じられることに、その時間を使うように気持ちを切り替えてください。そう心がけて生活すると、きっといろんな変化が起きてきますよ。

今月、私は梅仕事を楽しみました。
赤しそジュース作り。梅ジュース作り。梅酒作り。
手作りすると、たっぷり作れます。しそも梅も砂糖も、材料すべて有機栽培のものを使っても、出来合いを買うよりもはるかにはるかに安く、安心な上においしいです。少し手間はかかりましたが、この季節限定なので、その手間も楽しみました。

赤しそジュース。

しそ300gで、2Lのしそジュースができます。炭酸水などで2倍希釈して飲みます。リンゴ酢としその香りがなんとも爽やかです。
今回は、葉っぱだけ使ってエキスを煮出しました。茎の部分は、かき揚げにして食べました。煮出した後のしそは、刻んで、辛みそ味のおやきにして全部食べました。捨てるところは皆無です。食卓も豊かになりますね。

梅ジュース。梅がしわしわになってきました。あと2週間後くらいから飲めます。楽しみです。後ろは、赤しそジュース。

梅酒。こちらは気温が低いので、10日経ってもまだ氷砂糖が溶けません。飲めるのは、1年~2年後くらい。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま