日記

産経新聞「朝の詩」に掲載されました

昨夜初雪が降りました。が、夜には雨に変わったため、雪はすっかりなくなりました。
雪景色が見られなくてちょっとがっかりしていたのですが、今朝の新聞を見て、ころっと気分が変わりました。
今日の産経新聞「朝の詩」に、詩が載っていたのです! ばんざい(笑)。

詩を発表できる媒体は?  産経新聞「朝の詩」

7月ごろから、(なんとなく詩を書いてみたいなぁ)、(でも書いたとして、発表できる場所はあるのかなぁ)と思うようになり、発表できそうな媒体を探したところ、産経新聞の「朝の詩」コーナーを見つけました。このコーナーは、過去に、詩集『くじけないで』等を発表した詩人の柴田トヨさんらを輩出している歴史あるコーナーだということも、はじめて知りました。

新聞のトップに掲載されたら、がぜん創作モチベーションが上がりますよね。詩作が楽しくなるのはまちがいないです。
産経新聞は今までとったことがなかったのですが、この「朝の詩」にどんな詩が載っているのか読みたくて、7月に日本経済新聞から早速鞍替えしました(笑)。

毎日毎日読む「朝の詩」は、さすがにいい詩ぱかりでした。80代、90代の大先輩方のみずみずしい詩に圧倒されたり、同年代の方の詩に感心したりと、毎朝の楽しみになっていました。私も触発されて、2作送りましたが、ボツでした。が、3作目で掲載して頂いたのです!

産経新聞「朝の詩」、掲載までかかる日数は?  2ヶ月半強

投函したものの、はたして自分の詩に目を通してもらえているのか、誰もが不安になると思います。私もそうでした。なにせ膨大な量の詩が送られてくるはずですから。でも、今回のことで、私のいるこんなド田舎から投函しても、ちゃんと目を通してもらえていることがはっきりしました!
詩を投函したのが、9月24日なので、新聞掲載まで2カ月半強かかったことになります。
「朝の詩」に掲載されるまでにはけっこう時間がかかるということですね。同じ趣味を持っている方、だいたいの目安にしてくださいませ。
どの媒体でもそうですが、自分の書いたものが活字になると、ほんとうにうれしいものです。今回のことで、詩作だけにかぎらず、創作意欲を持ち続けられそうです。

最近はまっていること

もう、葉っぱがほとんど落ちてしまいました。庭も道路も、いちめん落ち葉に覆われています。気温は昼間でも10度を下回るようになりました。朝晩、零度以下になるのも、まもなくでしょう。
森に棲んでいると、いちばん身近な動物というのは、人ではなく野鳥です(笑)。冬になるにつれて、渡り鳥もやってきて、野鳥の種類が増えます。葉っぱがなくなって見通しがよくなるので、これからは、バードウォッチングに最適の季節です。
野鳥は純粋にかわいいです。ほんとに。
このところはまっているのは、手にもったお皿に野鳥が来てくれることです。本当はいけないのかもしれませんが、これからの厳しい季節を共に同じ森で生活していく仲間のような親近感があるので、一度お皿に来てくれると、うれしくてかわいくて、ついつい、こんなことをやってしまいます。

特に人なつっこいのは、コガラという小さな鳥です。
これから寒くなるけれど、がんばって生きていこうね、とテレパシーで話しかけるのです(笑)。

ハックルベリーのジャム

いつも行く直売所にハックルベリーの実が売っていました。ブルーベリーよりも大きく、ずっしりしていて、なんだか美味しそうだったので、ジャムにしようと思い、生まれてはじめて購入してみました。500gで400円なんて、価格も素敵です。
ハックルベリーは、調べてみたらアメリカではよく食されている果実だそう。ただ、食べられるのは、完熟した実のみで、未熟な実や茎、葉、ガクの部分には有毒成分があるため、食べてはいけません。
しかし完熟の実は、ブルーベリーの4倍以上のビタミンAとアントシアニンが含まれています。すばらしいですね。


こんなふうになっているので、実以外の部分をきれいに外していきます。


実がかぶるくらいの水を入れて火にかけます。水が沸騰してきたら、重曹を大匙1杯いれてアクを抜きます。重曹を入れると、こんなふうに緑色の泡がわきます。アクが出終わったら、流水できれいに洗い流します。水を切って再び鍋に入れて、砂糖とレモン汁を加えて煮ていきます。直売所のレシピでは400gに対して砂糖250gだったのですが、あまり甘くしたくないので、砂糖200gにしました。が、それでも甘かったです。もう少し砂糖を減らしてもよい感じです。


自家製の豆乳ヨーグルトと合わせて食べました。味は濃厚で、色もきれいで、いかにも目に良さそうです(笑い)。アクを抜く手間はかかりますが、味はブルーベリージャムより好きかも?

日々、楽しんで生きる

今日の日経新聞で、東多江子氏(脚本家)のコラムを読んで、「そうだよなぁ」と合点した方も多くいるのではないかと思います。私もそのひとり。何のことかというと、東氏のお友達のことばです。
「生き甲斐とか、それ、どうしてもなかったらいけんの? 毎日、機嫌良く暮らしとったら、それでいいんやない?」(6月28日付けt『日本経済新聞』より)

機嫌良く暮らせているなら、まちがいなく幸せではないでしょうか。
日常の些細な積み重ねこそが、心の豊かさを作ってくれると思うからです。

とはいえ、他人の成功や、幸せそうな姿が気になって、他人をうらやましく感じたり、妬ましい気持ちになる方もいると思います。そんなときは、どうすればよいと思いますか。
そうした時間は、良いことは何も生み出さない、非生産的な時間です。
私たちは、誰でも生きる時間が限られています。他人を妬んだりする時間は、あなたの大事な時間を、むざむざその他人にあげているのと同じです。もったいないですね。
他人へのどうにもならない嫉妬に時間を費やせば費やすほど、人生はどんどん空虚になっていきます。
人生を無駄にしたくないのなら、こうしたマイナスの感情は、持ったとしても、すぐに捨てて、自分のために時間を使いましょう。あなたがワクワクすることや、楽しいと感じられることに、その時間を使うように気持ちを切り替えてください。そう心がけて生活すると、きっといろんな変化が起きてきますよ。

今月、私は梅仕事を楽しみました。
赤しそジュース作り。梅ジュース作り。梅酒作り。
手作りすると、たっぷり作れます。しそも梅も砂糖も、材料すべて有機栽培のものを使っても、出来合いを買うよりもはるかにはるかに安く、安心な上においしいです。少し手間はかかりましたが、この季節限定なので、その手間も楽しみました。

赤しそジュース。

しそ300gで、2Lのしそジュースができます。炭酸水などで2倍希釈して飲みます。リンゴ酢としその香りがなんとも爽やかです。
今回は、葉っぱだけ使ってエキスを煮出しました。茎の部分は、かき揚げにして食べました。煮出した後のしそは、刻んで、辛みそ味のおやきにして全部食べました。捨てるところは皆無です。食卓も豊かになりますね。

梅ジュース。梅がしわしわになってきました。あと2週間後くらいから飲めます。楽しみです。後ろは、赤しそジュース。

梅酒。こちらは気温が低いので、10日経ってもまだ氷砂糖が溶けません。飲めるのは、1年~2年後くらい。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

虹色の玉(オーブ?)について、ソニーからの回答

先日のブログ記事

https://cafe.rootsystem.jp/2018/05/21/写真に写った虹色の玉は、オーブ 精霊/

の画像について、ソニーから回答がきました。以下に、コピペしてシェアしますね。

【ソニーからの回答】
お問い合わせいただいた件について、以下にご案内いたします。

該当画像を拝見させていただきました。
こちらにつきましては、ゴーストと思われます。

ゴーストは、光源 (太陽) がレンズ内で反射して
光源と対角側に発生します。ゴーストは、条件により
赤色や虹色といった色がついたり、色が濃くなったり
円形や楕円形もあります。

また、フラッシュを使用しており
空中に浮遊しているホコリや花粉などに光が反射した場合や
レンズにゴミなどが付着している場合などでも
発生することがあります。

撮影場所を少し変えていただいたり、フラッシュを発光禁止にしたり
レンズの汚れやゴミが付着している場合は、ブロアーや柔らかい布で
軽く拭きとっていただく等の対処法をお試しいただければと存じます。

・・・・・・というわけで、予想通りの回答でした(笑)。
文様のことは何も触れられていませんでしたが。
オーブ、というキーワードでググると、いろんな写真画像が出てきます。
カメラメーカーの回答を当てはめると、ほぼすべてがゴーストで片づけられてしまいますね(苦笑)。

私はやっぱりこの虹色の玉を見るとうっとりしてしまうし、別世界をのぞかせてもらえた気がするので、前回書いたように、自分の感覚を信じることにしました。
写真画像のゴーストがどんなものかをよく知っているパートナーも、「これは・・・・・・、ふしぎだ。」

改めて、虹色の玉の写った写真と、写っていない写真を載せますね。
前回の記事と併せてご覧ください。

虹色の玉(オーブ?)が写った写真

写っていない写真

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

写真に写った虹色の玉は、オーブ? 精霊?

ふしぎな写真が撮れました。毎年春になると、庭の入り口にフデリンドウの花が咲きます。丈が3センチくらいの小さな可愛らしい野の花です。小さいので見逃してしまいがちですが、薄紫色の花が星屑をまいたように地面に広がっている様子は、なんとも愛らしくて、幸せな気持ちにさせてくれます。
「あなたたちは、かわいいね」
今年も健気に咲いてくれたフデリンドウたちに、自然とそんなことばをかけていました。

5月18日に、庭の入り口に咲いているフデリンドウを、パートナーが写真に撮ってくれました。そしたら、とてもきれいな虹色の玉(オーブ?)が写り込んでいました。大きさは5ミリくらいでしょうか、まるでフデリンドウに寄り添っているようです。パートナーは理系の人なので、この現象について、早速ソニーにメールで質問を送り(カメラがソニー製なので)、現在はその返事待ちです。ソニーから返事が来たら、このブログでお知らせしますが(たぶんカメラのレンズの埃とかが反射している、というような回答では、と予想)、カメラが趣味のパートナーも初めての出来事らしいです。

この虹色の光の玉の正体は不明ですが、私は見た瞬間に、「この子は、なんて可愛いんだろう」「なんてうつくしいんだろう」と感じて、うっとりしました。心が清められる感じがして、花の精霊ではないかと勝手に感じました。よく見ると、古代の鏡として有名な「三角縁神獣鏡」そっくりの文様が浮かびあがっているのがわかります。

想像をたくましくするならば、古代の人はこうした虹色の玉を見ることができていて、玉に浮き上がった文様を写し取った可能性もあるかなぁ、なんて思いました。
あなたは、どんなふうに感じますか。

あなたにしあわせが訪れますように。
虹色のオーブ? 妖精? 精霊? が消えていく様子です。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

 

わさびの天ぷら

うちの裏の沢には、わさびがあります。雪解けと雨の時しか流れない沢なので、わさびの根は育ちませんが、白いお花が咲き、つやつやした緑の葉っぱが繁ります。早春の楽しみだったふきのとうは、この数年、鹿にぜんぶ食べられてしまっているため、収穫ゼロです。悲しい。でも、鹿はわさびが苦手らしく、無事なので、ありがたいです。
毎年、ゴールデンウィーク期間中に白い花を咲かせてくれるのです。

しばし、見目を楽しんだのち、食欲に逆らえず、摘みました。ついでに、庭に咲いたタンポポも収穫。食料が生えてくるって、素敵です(笑)。そうです、葉っぱも花も天ぷらにするのです。肝臓にいいタンポポもね。サツマイモも一緒に揚げました。
山は、やっと山菜を楽しめる季節になりました。木々の梢もうっすら緑ですよ。

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」発売中!
もりのこだまで、CDの視聴ができるようになりました。
ルートシステムCD直販サイトで購入(常世のメッセージつき)⇒ もりのこだま

IKEA立川

「ヒプノセラピーグラウンディングCD」は、4月7日発売予定です。いましばらくお待ちくださいね。

さて、先日、所用で八王子まで行ったついでに、「IKEA立川店」へ行ってきました。道中の高速道路からは満開の桜並木も見ることができて、思いがけず春も満喫できました。
はるか10年以上前のことですが、IKEA三郷店に行ったことがあります。このときは電車で行ったので、あまり重いものは買えなかったのですが、今度は車なので重いものも買えるぞ、とわくわくしてお出かけしました。実は東京に住んでいたころ、IKEA立川ができるという話を聞いていたのですが、店舗ができる前に八ヶ岳に完全に引っ越してしまったため、行きたいなぁと思いながらも、なかなか行く機会がなかったのです。

IKEA立川店では、キッチン用品を買いこんできましたよ。北欧の真っ白いお皿は、どっしりしていておしゃれで、何にも合う優れもの。価格も驚くくらい安いので、ずっとほしかったのです。グラタン皿をはじめ、焼きリンゴを作るときに使えそうなオーバル皿、スクエアのガラス、ガラスコップなど購入しました。かわいいデザインの保存袋も安くておしゃれなので、ついついまとめ買い(笑)。

レストランで食べたのは、写真のように、フィッシュ&チップス、サーモンソテー、パン(何種類もとりました)、スモークサーモンなど。メインはなかなか美味でしたよ。大食いの2人でも、ボリューミーでお腹いっぱいになりました。フィッシュ&チップスは、以前イギリスに行ったとき、食べられずに帰国してしまったことを後悔したので、食べてみたかった一品でした(笑)。ドリンクパーも入れて、大体ぜんぶで3000円(2人分)です。けっこう食べた・・・・・・。クロワッサンは、なんというか、しっかりしていました。サクサクフワフワではないので、日本のパン屋さんのクロワッサンを想像したらいけません。

それにしても、なにしろ人が多い。平日にも関わらず、人だらけで、普段ほとんど人のいない場所に住んでいる身には、こたえました。人疲れってやつです。土日祝日の混み具合を想像すると、そら恐しくなります。
人の多い都会には住めない体になってしまったことを痛感させられましたが、充実した一日でした。

八ヶ岳南麓 寒いほどお得フェア

冬のこの時期、八ヶ岳南麓のお店では「寒いほどお得フェア」という割引セールを開催しています。タイトル通り、最大50パーセント引きで、ある商品の購入や飲食ができるというイベント。50パーセント引きになるのは、その日の朝の気温がマイナス5度以下になったときだそう。本日は、清里駅前がマイナス7.3℃だったので、いそいそとその恩恵に預かるべく、出かけてきました。

寒いので、がっつり食べようかとということになり、清里、萌木の村にあるROCKで、通常1720円の「ベーコン&ファイヤードックカレー」を注文。寒特フェアのため、本日は半額の860円也。うちから近いのに、ROCKに来たのは数年ぶりです。お客さんは、見るからに地元の人が多数で、みんなこのフェアを楽しみにしているのが伝わってきました。清里よりもうちは寒いので、マイナス7.3℃は「あったかいね」の部類です。寒いところに慣れてしまうと、気温の感覚がおかしくなります(笑)。

おなか一杯食べた後は、清泉寮のパン工房でミルクパンをゲット。清里から富士山がきれいに見えました。

久々に、清里でのんびり遊んだ日でした。こういうイベントは、消費者にとってはありがたいですね。参加する店舗がもっと増えるといいなぁ。

リスが、かわいい

26日の夜、外気温がマイナス20度以下になりました。例年並みです。一方、積雪量はとても少ないです。室内の湿度は低く、画像のようにLOの表示です。おせんべいも、クッキーも、一日封を開けておいても、しけらずに、ぱりぱりのままです。

積雪もさらさら。そんな中、野鳥に混じって、リスが遊びにきてくれました。ちっこくて、かわいいです。


こちらは、シメさん(いかつい感じですが、かわいい)と、シジュウカラさん。並んで順番にひまわりの種を食べていました。お行儀がよいです。