前世療法体験談

M.H. 様 ヒプノセラピー体験談 

先日お越しくださったM.H.様からメールをいただきました。
M.H.様のご快諾の上、メールの内容(一部)を皆様とシェアさせていただきますね。
M.H.様、ほんとうにありがとうございます!

M.H.様は、ずっとご自分に自信が持てず、いつも誰かに気を遣って生きてきました。そうしているうちに、ご自分がどんな人間なのかがまったくわからなくなってしまったと言います。

ものの本を読んだりして、ありのままの自分を受け容れることが大事だとわかっても、肝心の「ありのままの自分」がわかりません。それでも、なんとかご自分を認めようと試みましたが、心の底ではご自分を認めていないため、少し時間が経つと、「自分はダメ人間」という自己レッテルに飲み込まれる日々・・・・。それを何年も繰り返してきたそうです。

とても苦しかったと思います。

私には、M.H.様の気持ちがよくわかります。そして、その苦しい気持ちをどうにかしたくても、どうすればよいのか根本的解決の糸口がみつからないままもがいている方も、けして少なくないのではないかと感じるのです。
「ありのままの自分」って、何?
どうしたら自分を受け容れて楽になれるの? と。

M.H.様は、以下の2通のメールの後にも、もう1通メールをくださいました。そこには、喜びも苦しみも含めて、ご自分の気持ちを素直に感じながら、ごく自然にそれを受け容れている変化が綴られていました。
セラピー後のわずかな時間でこんなに変化が現れるとは思っていなかったこと、そして、掲載されるメールが自分と同じように苦しむ方の眼に触れたなら幸いです、と結んでくださっていました。

セラピー前のカウンセリングの結果、まずは前世療法をご希望されましたが、表面に突出して現れているトラウマをどうしてもすくいとっておきたかったため、少しの時間ですが、現世でのトラウマ解放の催眠をし、そのあとで前世療法に入りました。
M.H.様には中国留学のご経験がある点と、“ドロシー”さんが前世でのお名前だという点を付け加えておきます。

 

【M.H. 様 ヒプノセラピー体験談】

(セラピー当日、帰宅後すぐにくださったメール)

今日はありがとうございました。長い時間をかけて丁寧にセラピーをして頂き本当に感謝です。
中国にいた頃の自分にかけた言葉や、何よりドロシーに会えたことで心の中の何かが動いた気がしています。今はまだ何だか夢を見ていたような不思議な感覚ですが、今日感じたあの感じはすごく大切にしていきたいと思います。

(翌日にくださったメール)

あれから自分が自分であることの素晴らしさ、ということの意味が頭の中に浮かんできて、その時はそのままぼんやり考えたりしてます。
自分らしさがない自分でも、そんな自分でも大丈夫なんじゃないか、何となく自分は大丈夫な気がする、と今は思えています。今まで無理やり何度もそう思っては苦しかったけれど、今は穏やかな気持ちでそう思えているのがなんだか不思議です。

仕事も人生も、目標がなきゃダメだと、そして向上心がなくて何の目的もなく生きてる自分が嫌だし不安だったけれど、ただ今をひたすら歩き続ければ、行くべきところに行けるのではないかなと思ってすごく安心しています。
自分はそれでいいな、って思います。ドロシーが教えてくれたことが、自分の口から出て自分の耳に届いたということがなんだかとっても不思議な感じです。

前世の扉を選ぶ時、私には他の扉がモヤモヤして形が見えなくて、あのささくれ立った扉しか選びようがなかったのですが、常世先生の言っていた通りドロシーは今の私に会いたいと思ってくれていたんだと、すごく感じます。
今のこの穏やかな気持ちが、しばらくしたらまたどっかに行っちゃうんじゃないかと怖くなっているところもあるけど、でもそこに気づけました。見えないものや、あるかどうか、起こるかどうか分からないものを恐れるのはやめて、今のこの気持ちを大切に感じようと思います。

そういえば、あの日の帰り道に見た空は、夕焼けですごくきれいなピンク色の雲が広がっていました。催眠中に見た雲の上の景色にそっくりでした! 写真を撮っておけば良かったととても後悔しています…。でも絶対に忘れません^^
時間をかけて、本当に丁寧に優しく催眠の誘導をして下さり本当にありがとうございました。録音を聞けば聞くほど先生への感謝の気持ちが溢れてきます。
しばらくして時がきたらまたぜひ伺わせて下さい。

これからの変化や、知らなかった自分の発見とか、楽しいことの発見を楽しみにしています。
そして何か困ってしまった時には、その時もまたどうぞよろしくお願いします。

(M.H.様 長野県)

K.T.様 前世療法体験談

5月の連休中、K.T.様が3回目のセラピーにお見えになりました。ご自宅を出発されるとき、前回のセラピーの感想を送ってくださったので、K.T.様のご快諾の上、転載いたします。

K.T.様にとっては、はじめての前世療法でした。前世療法を受けたことのある方でしたら、「この感じ、わかるなぁ」と思うでしょうし、前世療法未経験の方にとっては、前世療法の事前ガイダンスとして読んでいただけるのではないでしょうか。

K.T.様、わかりやすく丁寧に綴ってくださって、本当にありがとうございました!

【K.T.様 前世療法 体験談】

常世先生 おはようございます。
本日は宜しくお願い致します。

この半年以上、日々のいろいろな事に忙殺され、前回の感想をなかなかまとめられずにおりました。
でも明らかに、気持ちの上にも状況にも良い変化が起こりつつあります。

前世セラピーで今世とは違う人生を生きてみたことでまず率直に感じたのは、

こんがらかっていたものが
ふわっとひもとかれ
断片的だったものが繋がりを持ち
すべてがまたひとつの「ながれ」になった
ということでした。

なぜだか分からないけれどどうしても惹かれること、好きなこと、縁のあるもの、場所など、
それらはいままでさほど深く意識するでもなく、または当たり前ですらあったのですが、
「なるほど、それで‥‥」 と
あらためて自分の中にすとんと入ってきたのです。
「腑に落ちた」ということ。あるいは「再認識」でしょうか。
それから自然と肩の力が抜けて、気持ちがふと楽になりました。
これでよかったのだ、
いまいるところ、ながれを信じてよいのだ、と
少なくとも以前より「委ねる」ことができるようになったみたいです。

それでもまだ
これでよいのかな‥‥
なんだか自分を信じきれない‥‥
どこかそんな引っかかりがあるようで、
今回はそれを見直しできたらと思っています。
またお会いしてからお話させていただきたいです。

それでは、これから向かいます。
楽しみにしております。

(K.T. 様 長野県)

前世の記憶

紀元前のローマで起きたことを知らなければならなかった理由

紀元前200年頃のローマ。大国が支配する時代に生きている自分。
目の前にはどんな風景が広がり、どんな出来事を目撃したのか。
どんなことを感じながらその時代を生き抜いたのか。
いったい、そのころの自分は現世に生まれ変わった自分に何を伝えたくて、あのシグナルを送ったのか・・・・・・。

前世療法で、それらのことをすべて体験されたのが、画家の中嶋しいさんです。

 

画家・中嶋しいさんの作品群の底流にあった、前世の記憶

しいさんの前世の記憶には、今の平和な日本に生きているものにとっては想像もできない残酷な場面も含まれていました。
しいさんは、その記憶を血肉を削る思いでまとめあげ、先日、ご自身のHPで公開されました。
衝撃的な内容ですし、当時の人々の息遣いまで伝わって来るようです。私は歴史フィルムを見ているような気持ちで拝読いたしました。その当時の記憶がこれまでのしいさんの作品群に無意識のうちに投影され続けていたこともわかりました。

2000年以上前のしいさんの生々しい記録に、あなたはどんなことを感じるでしょうか。

中嶋しいさんのHPから、メニュー「2000年の時差ぼけ」を開くと、記録を読むことができます。
イタリアでの不思議な体験」「ヒプノセラピー体験」の順で読むと、時系列がよくわかります。

中嶋しいさんのHPはこちらです。
Shii Nakajima

K.W. 様 ヒプノセラピー体験談

すっかり寒くなりました。八ヶ岳ではもうフリースを着ています。これから八ヶ岳へお越しくださるクライアント様、どうぞ暖かい格好でいらしてくださいね。
次回の京都ヒプノセラピーの詳細は、ルートシステムHP に掲載しております。
さて、クライアントのK.W.様からメールを頂きました。ほんの一部ですが、ご本人様のご快諾の上、ご紹介いたします。
K.W.様、本当にありがとうございます。
K.W.様は、長年ヒプノセラピーも受けてこられ、ご自分の内面を冷静に分析する能力に長けておられました。
それでも、ありのままのご自分をなかなか認めることができずに苦しんでいました。ありのままの自分を認めること、自分を許して愛することはむずかしい・・・・・・そんな風に感じていらっしゃる方は少なくないと思います。
インナーチャイルドのセラピーは何度もしてきたと伺っていたので、初回はあえてインナーチャイルドセラピーをせず、自分を別の視点から見ることのできる前世療法からのアプローチを選択いたしました。インナーチャイルドを癒すには、あえてインナーチャイルドセラピーから離れるほうが良い場合もあるのです。
【K.W. 様 ヒプノセラピー体験談】

先週はお世話になり、有難うございました。
先生に初めてお会いしましたが、リラックスしてセッションを受け

ることができ、本当に良かったなぁーと感じています。

一週間前にお会いした際は、半袖でも暑い位でしたが、今の京都は羽織がなきゃ寒くていられなく、季節の変化の大きさに驚いています。
またそれは、私の心の変化も同じようです。

私がいつも心根に引っ掛かっていた「人とは違う感覚」「人に合わせられないダメな自分」「自分を認められない」事への思いが、すーっと軽くなりました。
私は私でいいんだ…と思える事が、今とても楽に感じています。そして、その感覚の違いを感じられている事が、何だか幸せです。

他に、この一週間の気付きを伝えさせて下さい。職場で起きた事と、プライベートで起きた事。色々ありました(*_*)

               (この先はプライベートな内容のため、割愛させていただきます: 常世)
(京都府 K.W.様)