ヘルシンキ、フィンランド

北欧とバルト三国の旅  ヘルシンキ

久しぶりの投稿です。先月、パートナーとふたりで、2週間ほどフィンランドのヘルシンキ経由でバルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)へ行ってきました。個人旅行なので毎日25000歩くらい歩き回りましたが、まったく痩せずに帰国しました(苦笑)。
今日はヘルシンキの写真を少しだけシェアしますね。

ヘルシンキヴァンター空港からヘルシンキ中央駅までの移動は、電車にしました。車内では犬もおとなしく乗っていましたよ。思わずほっこり。

ウスペンスキー教会

アアルト書店の中

アアルト書店内の「Cafe Aalto」で、シナモンロールとカフェオレを注文。
シナモンロールの味は、ごくふつうでした・・・。カフェオレは美味。

世界的建築家、アルヴァ・アアルトの自邸を訪れました。英語のガイドさんが邸宅内を案内・説明してくださいます。

アアルト邸内はどこも素敵でした。キッチンはかわいかったです。憧れますね~。

船に乗って、スオメンリンナ島に渡りました。
数々の戦争で、フィンランド南海岸を守ってきた要塞の島です。世界遺産。

巨大な大砲が島全体あちこちに残されています。

セウラサーリ島へ。島全体が野外博物館になっていて、フィンランドの伝統的建物が移築されています。ガイドさんも昔の恰好をしており、古い建物内部や調度品とあわせて、楽しいタイムトリップが味わえました。

島には野草が咲き乱れていました。とてもきれい。

テンペリアウキオ教会。女性歌手の独唱とパイプオルガンの演奏を聴くことができました。

この教会の近くの風景。

夕飯はここで購入。小麦の味がしっかりするフランスパンに具材がたっぷり挟んであります。ヘルシンキはとにかく物価が高いので、食費は切り詰めました。3日間の滞在中の夕食は専らここ(笑)と、スーパーマーケットにお世話になりました。